ニュース
» 2004年12月13日 16時35分 公開

ペンタックス、デジタル一眼レフ専用の超薄型単焦点レンズ

ペンタックスは、デジタル一眼レフ専用の超薄型単焦点レンズを発表、2005年1月中旬より発売する。価格は4万円台前半の見込み。

[ITmedia]

 ペンタックスは12月13日、デジタル一眼レフ専用に設計された超薄型短焦点レンズ「smc PENTAX PENTAX-DA 40 o F2.8Limited」を発表、1月中旬より発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は4万円台前半の見込み。

photo mc PENTAX PENTAX-DA 40 o F2.8 Limited

 smc PENTAX PENTAX-DA 40 o F2.8Limitedは、最新の光学設計により全長15ミリ、本体重量はレンズ本体で90グラムと、一眼レフ用AFレンズとしては世界最薄・最軽量クラスを実現する単焦点レンズ。高解像度や低収差といった数値評価だけでなく、実写評価を加味した設計を施し、高コントラストで立体感のあるクリアな描写を可能としている。

photo PENTAX *ist DSに装着したところ

 画角は、同社「PENTAX *ist D」「PENTAX *ist DS」装着時には35ミリ判換算で焦点距離61ミリ相当。解放F値は2.8となっている。

 smc PENTAX PENTAX-DA 40 o F2.8 Limitedの主な仕様は以下の通り。

製品名smc PENTAX PENTAX-DA 40 o F2.8 Limited
マウントペンタックスKAFマウント
画角39度(PENTAX *ist D、PENTAX *ist DSで仕様時)
絞り方式自動絞り
最小絞りF22
最短撮影距離0.4メートル
フィルター径49ミリ
最大撮影倍率0.13倍
サイズ63ミリ(最大径)×15ミリ(長さ)
重量90グラム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう