ニュース
» 2005年01月07日 13時43分 公開

バッファロー、6倍速DVD±R DL正式対応ファームのスケジュール公開

バッファローは、「DVM-DM16」シリーズ用の6倍速DVD±R DL記録に対応する正式ファームウェアの公開スケジュールを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは1月7日、6倍速DVD±R DL記録に対応する正式ファームウェアの公開スケジュールを発表した。ファームウェアが適用可能な機種はDVD±RWドライブ「DVM-DM16FBS」「DVM-DM16U2」の2機種。

photo DVM-DM16FBS

 DVM-DM16シリーズ用のファームウェアとしては、現時点でベータ版としてDVD-R DL 2倍速書き込みに対応するファームウェアVer.1c04の公開が先行して行われているが、今回発表となったVer1.04ではDVD-R DL 2倍速書き込みに加え、DVD+R DL 6倍速書き込みが可能となっている。

 また、3月更新予定のVer1.05では、さらにDVD-R DL 6倍速書き込みにも対応する予定。

 ファームウェア公開のスケジュールと追加・改善機能については以下の通り。

公開予定時期ファームウェアバージョン新機能改善内容
1月中旬1.04DVD+R DL 6倍速書き込み、DVD-R DL 2倍速書き込みDVD+RW 8倍速書き込み、AUTOSTRATGYの高速メディア対応、DVD±Rメディアの書き込み品位を向上
3月中旬1.05DVD-R DL 6倍速書き込み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう