ニュース
» 2005年01月24日 20時06分 公開

ソニー、“黒が締まる”高輝度液晶パネルを採用する新液晶ディスプレイ

ソニーは、デザインを一新したコントラスト比1000:1の19インチモデル、応答速度8msの17インチモデルの2機種、計3モデルの液晶ディスプレイ新モデルを発表した。

[ITmedia]

 ソニーは1月24日、高輝度・高画質タイプの液晶ディスプレイ2機種3モデルを発表、2月5日より発売する。

 ラインアップは19インチモデル「SDM-HS95PB」と、17インチモデル「SDM-HS75PB」(ブラックカラー)、「SDM-HS75PS」(シルバーカラー)の3モデル、価格はオープンプライス、予想実売価格はSDM-HS95PBが9万円前後、SDM-HS75が6万円前後。

 画面輝度や応答速度を向上させ、黒が引き締め、映像を鮮明に映しだす「クリアブラック液晶」の搭載を大きな特徴とし、DVD/TVなどの映像視聴にとくに向くとしている。

 今回新たに、キーボードから上昇ラインを描くような美しいパネルデザインがなされる「ライジング・デザイン」が採用されたほか、使用環境や用途に合わせて、画面の明るさを4段階(Game/Movie/PC/Auto)切り替えが可能となっている。うちAutoモードでは周囲の明るさを検知し、自動調整を行う。

photo SDM-HS95PB

 SDM-HS95PBは、1280×1024ドット(SXGA)表示対応、コントラスト比1000:1、輝度450カンデラ/平方メートル、応答速度12msの高輝度・高コントラスト比の19インチ液晶パネル「クリアブラック液晶」を採用する液晶ディスプレイ。

 接続インタフェースはDVI-D×1、D-Sub×1。視野角は垂直/水平各170度、本体サイズは約435(幅)×418(高さ)×146(奥行き)ミリ、重量約6キロ。

photo SDM-HS75PB(左)、SDM-HS75PS(右)

 SDM-HS75シリーズは、応答速度8ms、輝度420カンデラ/平方メートル、コントラスト比600:1、水平/垂直視野角160度、1280×1024ドット(SXGA)表示対応の17インチ液晶パネルを採用する。

 接続インタフェースはDVI-D×1、D-Sub×1。本体サイズは約388(幅)×382.5(高さ)×139.2(奥行き)ミリ、重量約5キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.