ニュース
» 2005年02月15日 14時04分 公開

富士写、超高感度モデルや薄型など新FinePix (1/2)

富士写真フイルムが、コンパクトデジタルカメラ“FinePix”新製品を発表。ISO1600撮影を可能にした6メガ・3倍ズーム機「F10」、薄型ボディに光学3倍ズーム搭載の屈曲光学式「Z1」、エントリーモデルの「A350」「A345」の計4機種。

[西坂真人,ITmedia]

 富士写真フイルムは2月15日、コンパクトデジタルカメラ“FinePix”新製品「F10」「Z1」「A350」「A345」計4機種を3月から順次発売すると発表した。価格はオープンで、市場予想価格はF10が5万円前後、Z1が4万5000円前後、A350が3万円前後、A345が2万円前後になる見込み。

手ブレ防止は高感度で――「FinePix F10」

photo FinePix F10

 F10は、新開発の有効630万画素「スーパーCCDハニカムV HR」と「リアルフォトエンジン」を搭載することで、6メガの高画素でISO1600という高感度の撮影が可能になった。この高感度撮影を生かす“おまかせモード”として「ナチュラルフォトモード」を用意。「高感度によって室内など暗い場所でも手ブレせず、しかもノイズの少ない写真を撮影できる」(同社)

photo

 液晶モニタには明るく見やすい2.5インチの大画面TFT液晶ディスプレイを搭載。3コマ前までに撮影した画像を表示させながら比較撮影ができる「アシストウィンドゥ」機能も備えた。レンズは光学3倍ズームで、焦点距離は35ミリ判換算で36〜108ミリ相当。

photo 2.5インチ大画面液晶ディスプレイを搭載

 リアルフォトエンジンにより、シャッタータイムラグ最短約0.01秒、起動約1.3秒、撮影間隔最短約1.1秒と高速動作を可能にした。記録メディアはxDピクチャーカード。バッテリーは大容量タイプのリチウムイオン充電池を採用。省電力設計により最大500枚(CIPA規格準拠)の撮影が可能。

photo バッテリーは大容量タイプを採用

 主な仕様は以下の通り。

製品名 FinePix F10
撮像素子 1/1.7型有効630万画素スーパーCCDハニカムV HR(原色フィルター)
記録画素数 静止画:2848×2136/3024×2016/2048×1536/1600×1200/640×480ピクセル、動画:640×480/320×240ピクセル(30fps)
記録形式 静止画:JPEG(DCF、DPOF、Exif 2.2準拠)動画:Motion JPEG(AVI)、音声:WAVE(モノラル)
レンズ 8−24ミリ(35ミリカメラ換算で36−108ミリ相当)、F2.8−F5
撮影距離 約60センチ−∞(マクロ時広角:約7.5−80センチ)
電子ズーム 最大6.2倍
感度設定 AUTO、ISO 80/100/200/400/800/1600相当
ファインダー
ディスプレイ 2.5インチTFTカラー液晶(約11.5万画素、視野率約100%)
記録メディア xDピクチャーカード
電源 リチウムイオン充電池
サイズ 92(幅)×58.2(高さ)×27.3(奥行き)ミリ
重量 約155グラム(本体のみ)約200グラム(撮影時)
実売予想価格 5万円前後
発売時期 3月
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう