ニュース
» 2005年02月22日 19時04分 公開

デル、「Precision Workstation 370」のBTOメニューに新Pentium 4を追加

デルは、64ビット拡張技術「EM64T」対応のワークステーション「Dell Precision Workstation 370」のBTOメニューに、Pentium 4 600番台の4製品を追加した。

[ITmedia]

 デルは2月22日、64ビット拡張技術「EM64T」対応のワークステーション「Dell Precision Workstation 370」のBTOメニューに、Pentium 4 630、同 640、同 650、同 660の4製品を追加した。

photo Dell Precision Workstation 370

 Dell Precision Workstation 370は、マザーボードにIntel 925X Expressチップセット搭載製品を採用したデスクトップワークステーションで、2004年8月に発売された製品。今回のBTOメニュー追加により、CPUにはPentium 4 2.8GHz、Pentium 4 630(3GHz)、同 640(3.2GHz)、同 650(3.4GHz)、同 660(3.6GHz)、Pentium 4 3.80F GHzの6製品が搭載可能となっている。

 メモリはPC4300 DDR2 SDRAMを256Mバイト〜4Gバイト、HDDはSerial ATAもしくはSCSI HDDを40Gバイト〜400Gバイト×1or2搭載可能で、RAID 0または1構成にも対応する。光学ドライブとしてはCD-ROMドライブ、DVD-ROMドライブ、スーパーマルチドライブを搭載可能。グラフィックスカードにはPCI Express x16対応Quadro NVS280 PCIe、Fire GL V3100、Quadro FX 1300、Quadro FX 1400、Quadro FX 3400を選択できる。筐体のカスタマイズも可能で、ミニタワー筐体およびデスクトップ筐体から選択可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう