ニュース
» 2005年03月07日 14時24分 公開

エイリアス、3DCGソフト「Maya6.5」出荷開始

エイリアスシステムズは、高機能3DCGソフト「Maya」シリーズの最新版となる「Maya 6.5」を発表した。価格は27万9300円より。

[ITmedia]

 エイリアスシステムズは3月7日、プロフェッショナル向け3DCGソフト「Maya」シリーズの最新版となる「Maya 6.5」を発表、3月8日より出荷を開始する。価格は「Maya Complete 6.5」が27万9300円、「Maya Unlimited」が97万6500円。アップグレード版は「Maya Completeアップグレード」が12万4950円、「Maya Unlimitedアップグレード」が17万4300円となっている(いずれも税込み)。

photo Maya Complete 6.5

 Maya 6.5では、より大容量のデータセットを効率よく扱えるよう新ツールによるアプローチの改良がなされ、UV操作時にはMaya6比のベンチマークで100倍の実行速度を記録するとしている。また、複数CPU環境でのインタラクティブレンダリング、バッチレンダリングなどのネットワークレンダリングもサポートされている。

 対応OSはWindows 2000 Professional(SP2以降)/XP、MacOS X 10.3以降、SUSE Linax 9.1、RedHat Linux 9.0/Enterprise Linux WS 3.0、 SGI IRIX 6.5.15。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう