ニュース
» 2005年03月08日 19時14分 公開

日立LS、強力ヘルプ機能と2.5型液晶搭載の500万画素デジカメ

日立リビングサプライが、5メガ光学3倍ズームデジカメ「HDC-531」を発表。撮影手順を示した本体のシールや、クイックヘルプ画面など初心者にも扱いやすい機能を装備。実売は4万5000円。

[ITmedia]

 日立リビングサプライは、「i・mega」シリーズの新製品として、500万画素光学3倍ズームデジタルカメラ「HDC-531」を3月18日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は4万5000円となる見込み。

 HDC-531は、撮影手順を1〜4まで段階を追ってシールにした「撮り方シール」を本体に貼り付けてあり、番号順に操作することで簡単に撮影が行えるのが特徴(シールは取り外し可能)。操作手順を画面で確認できる「クイックヘルプ画面」も用意しているため、初心者でも迷わず撮影が行えるという。

 本体サイズ88(幅)×54.5(高さ)×24.0(奥行き)ミリ・重さ約130グラム(本体のみ)のコンパクトボディに、約20万画素の見やすい2.5インチ大型カラー液晶モニターを搭載。CCDは1/2.5インチ有効約500万画素で、レンズは光学3倍ズーム、焦点距離32〜96ミリ(35ミリフィルムカメラ換算)、開放F値2.8〜4.8。

 音声付き動画撮影や最大3枚の連写撮影も可能。記録媒体はSDメモリーカードで、64MバイトのSDメモリーカードを同梱した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう