ニュース
» 2005年03月10日 20時15分 公開

コニカミノルタ、デジタル一眼専用の交換レンズ「DTレンズ」を開発

コニカミノルタフォトイメージングは、「α」シリーズデジタル一眼レフカメラ専用の新しい交換レンズ「DTレンズ」を発表した。東京ビッグサイトで開催される「フォトイメージングエキスポ2005」に参考出展。

[ITmedia]

 コニカミノルタフォトイメージングは3月10日、「α」シリーズデジタル一眼レフカメラ専用の新しい交換レンズ「DTレンズ」を発表した。発売は2005年の夏から秋を予定しているが、価格は未定。3月17日から東京ビッグサイトで開催される「フォトイメージングエキスポ2005」に参考出展する。

photo 左から「コニカミノルタ AF DTズーム 11-18mm F4.5-5.6(D)」、「コニカミノルタ AF DTズーム 18-70mm F3.5-5.6 (D)」、「コニカミノルタ AF DTズーム 18-200mm F3.5-6.3 (D)」。なお、外観は変更される可能性がある
商品名 概要(35mmフィルム換算倍率)
コニカミノルタ AF DTズーム 18-70mm F3.5-5.6 (D) 高倍率標準ズーム(7-105mm)
コニカミノルタ AF DTズーム 11-18mm F4.5-5.6 (D) 超広角ズーム(17-27mm)
コニカミノルタ AF DTズーム 18-200mm F3.5-6.3 (D) 高倍率ズーム(27-300mm)

 DTレンズは、「α-7 DIGITAL」に搭載されているAPS-Cサイズ相当の撮像素子に最適化した光学系を持つ新しい規格のレンズ群。α-7 DIGITALとの組み合わせにより、現行αレンズと同様のシャッター速度約2-3段分の手ぶれ補正効果が得られるほか、距離エンコーダー(レンズ内距離情報)搭載により高精度のADI(Advanced Distance Integration)調光が可能になるという。絞りは円形。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう