ニュース
» 2005年03月15日 14時34分 公開

エプソン、画像・動画ストレージビューワ「P-2000」の性能向上モデル

セイコーエプソンは、画像・動画ストレージビューワ「P-2000」の性能向上モデルの出荷を開始する。現行ユーザーもファームウェアのアップロードで対応可能。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは3月15日、画像・動画ストレージビューワ「P-2000」用の機能向上対応の新ファームウェアを発表、新ファームウェア搭載型のP-2000を3月22日より出荷する。また、現行のP-2000ユーザーに対しても、エプソンホームページからファームウェアのダウンロードによりバージョンアップが可能になるとしている。

photo P-2000

 今回のバージョンアップでは、JPEGファイルの最大表示サイズを1780万画素まで拡大(従来最大890万画素)したほか、コニカミノルタフォトイメージング α-7 DIGITAL、ペンタックス *ist D、*ist DSの各デジタルカメラのRAWモードの全画面表示に対応。オリンパスイメージング E-1、E-300のサムネイル画面表示もサポートされた。

 動画再生機能の強化としては、MPEG4動画の再生パフォーマンスの向上と、三洋電機製デジタルムービーカメラ Xacti Cの動画への対応がなされている。

 またセイコーエプソンでは、今回のバージョンアップを記念したキャンペーンとして、カノープス製MPEG4圧縮ソフト「かんたん換太郎 for P-2000」の無償ダウンロードが可能となる「P-2000 高精細動画体感キャンペーン」を予定している。キャンペーン期間は3月23日から7月31日まで、かんたん換太郎 for P-2000のダウンロード開始は2005年4月下旬予定となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう