ニュース
» 2005年03月16日 16時40分 公開

アイ・オー、セキュリティ機能搭載外付けHDD3製品

アイ・オー・データ機器は、同社開発のセキュリティ機能「iSPIS」を搭載した外付けHDD 3製品を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は3月16日、同社開発のセキュリティ機能「iSPIS」を搭載した外付けUSB対応の外付けHDD「HDH-SU」シリーズ、USB対応のポータブル外付けHDD「HDPX-SU」シリーズ、USB/IEEE1394対応の大容量外付けHDD「HDW-UE」シリーズの計3製品を発表、3月末〜4月中旬にかけて順次発売を行なう。

 3製品に共通で搭載されるiSPISは、Windowsに対応するセキュリティ機能で、あらかじめ設定したPC以外での利用を禁止する「HDDロック」機能、保存するデータを自動的に暗号化する「暗号フォルダ」機能などを備えている。

photo HDH-SUシリーズ

 HDH-SUシリーズは、USB2.0接続に対応した外付けHDDで、7200回転の高速ドライブを採用する。本体サイドは放熱に優れたアルミサイドパネル仕様で、上下には換気用のスリットを装備した「エアフローフォルム」筐体を採用する。本体サイズは49(幅)×193.9(奥行き)×174.9(高さ)ミリ、重量は1.35キロ。

photo HDPX-SUシリーズ

 HDPX-SUシリーズは、USB2.0対応のポータブル外付けHDDで、USBバスパワー駆動に対応する。本体サイズは76(幅)×122.5(奥行き)×16.2(高さ)ミリ、重量約200グラムのコンパクトサイズで、フレーム部には放熱に優れたアルミボディを採用する。

photo HDW-UEシリーズ

 HDW-UEシリーズは、USB2.0およびIEEE1394に対応する大容量外付けHDDで、500Gバイト、600Gバイト、800Gバイトモデルを用意する。本体パネルにはアルミパネルを採用するとともに、冷却ファン×2を内蔵する。インタフェースとしてはUSB×1、IEEE1394(4ピン)×1、IEEE1394(6ピン)×1を備えている。本体サイズは68(幅)×265(奥行き)×131(高さ)ミリ、重量は約2.27キロ。

 HDH-SU、HDPX-SU、HDW-UEの各シリーズの製品ラインアップは以下の通り。

製品名容量価格発売時期
HDH-SU160160Gバイト1万9800円3月末
HDH-SU250250Gバイト2万5300円
HDH-SU300300Gバイト3万9000円4月中旬
HDH-SU400400Gバイト4万2300円
HDPX-SU4040Gバイト1万6800円4月末
HDPX-SU6060Gバイト2万2000円
HDPX-SU8080Gバイト2万5300円
HDW-UE500S500Gバイト5万3000円3月末
HDW-UE600S600Gバイト7万9500円4月中旬
HDW-UE800S800Gバイト9万5000円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう