ニュース
» 2005年03月23日 18時46分 公開

日立、重量2.2キロの1500ルーメン/SVGA表示対応液晶プロジェクタ

日立製作所は、高出力の165ワットランプにより1500ルーメンの明るさを実現し、SVGA表示にリアル対応した小型液晶プロジェクタ「CP-RS55J」を発表した。

[ITmedia]

 日立製作所は3月23日、高出力の165ワットランプにより1500ルーメンの明るさを実現、800×600ドット(SVGA)表示にリアル対応した小型液晶プロジェクタ「CP-RS55J」を発表、4月下旬より発売する。価格はオープン。

photo photo,CP-RS55J

 CP-RS55Jは、解像度800×600ドット(SVGA)表示に対応した液晶プロジェクタで、出力165ワットのUHB(Ultra High Brightness)ランプを採用、1500ルーメンの明るさを実現している。

 ドインタレース信号をプログレッシブに変換してチラつきを抑えるプログレッシブ回路を内蔵。画面とグレイスケールを見ながらガンマ補正と色合いを調整できる、ガンマイコライジング機能も備えている。

 本体サイズは285(幅)×202(奥行き)×73(高さ)ミリ、重量は約2.2キロ。インタフェースはアナログD-sub入力×1、S-VIdeo入力×1、音声入力×2(ステレオミニ端子×1、RCA端子×1)を備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう