入門その3「PICライターでプログラムを書き込む」春だからはじめる工作教室(1/3 ページ)

» 2005年05月10日 17時00分 公開
[小林哲雄,ITmedia]

プログラムをPICで動かすには「PICライター」が必要です

 前回使用した統合開発環境「IDE」にはPICへ書き込むために“Programmer”という項目がツールバーに用意されている。このProgrammerをクリックして“Select Programmer”を選択すると「None」とつれない文字が出てくる。

 これは、PICにプログラムを書き込む「PICライター」なる周辺機器が接続されてないため。IDEで統合可能な純正のPICライターはなにぶん高いので、ここでは安価なライターを使う。安いのはいいのだが、せっかくIDEに用意されている書込み用のメニューが使えない。

 ここで「さて、どうしようか」と頭を悩ますのもいいが、よくよく考えてみると、PICへ書き込むときに必要なのは、統合環境でMakeした最終結果であるHEXファイルだけ。さほど面倒というほどではないので、統合環境に組み込めないからといって、あまり悩む必要はない。

 比較的安価なPICライターはいくつかあるが、容易に入手でき、かつ応用が効くという意味で、秋月電子のオリジナルキット「AKI-PICプログラマー Ver.4」をここではお薦めしたい(Ver3.5キットとVer.4アップグレードを購入する)。しっかりした基板が付いており、ハンダ付けだけで作成できる。ただし、安価といってもそれなりにお値段が張ってしまうのが難点だ。

 もう1つ、フリーのPICライター用回路として有名なJDMプログラマというものがある。対応したフリーの書込みソフトとの組み合わせならばパーツ代だけ(1000円もかからない)で済む。電子工作は難しいというならば完成している販売キットを入手する手もある。さらに改良した回路を発表するだけでなく、キットを配布している個人のWebサイト(例えばFENG3氏のRCDライタキットなど)もある。

FENG3氏のRCDライタキット。キットの作りもよく価格的にもイチオシ

秋月電子のPICキットVer.4。少々高いが資料も多く安定度ではお薦めの一品

 ただし、JDMプログラマとその亜流はRS-232Cから電圧を作るため、ノートPCやUSB-RS232C変換アダプタで使うRS-232Cでは動作しない。最近は一体型デスクトップPCでもシリアル端子を持たないものがある。RCDライタキットを配布しているFENG3氏からも実際の利用において以下のようなアドバイスをいただいている。

USBシリアル変換ケーブル(アダプタ)に接続してもRCDライタはうまく動きません。また、低消費電力タイプのノートPCなどでシリアルポートの電圧が低い場合、まったく書き込めないか、書き込めるデバイスの種類が制限されることがあります。シリアルポートの電圧は、デバイスごとにことなりますが、おおむね、RCDライタの“対応デバイス一覧表”記載の、MCLRに印加する電圧の半分以上の電圧が必要です。例えばPIC12F675の場合、シリアルポートの電圧が±6ボルト程度しかなくても書き込めますが、±7ボルト以上あれば“対応デバイス一覧表”にある大半のデバイスに書き込めることになります

 秋月電子のキットは外部電源が必要だが、シリアルポートに関してはノートPCやUSB-RS232C変換アダブタを介しても動作に問題ない。最近の一体型デスクトップPCでもシリアルポートがないので、このような場合はUSB-RS232C変換アダプタ+秋月のキット、という選択になる。

 なお、JDMプログラマに使用できるWindows対応書き込みソフトとしてよく使われているのがIC-Progだ。また英語?というユーザーには日本語パッチも存在しているので、これを適用するもよいだろう。

「コンフィグレーションワード」と「補正値」

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月25日 更新
  1. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  4. 計400台の限定販売! スター・ウォーズのBTスピーカー兼スポットライト「albos Light&Speaker STAR WARS Edition」の実物をチェック (2024年05月23日)
  5. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  6. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  7. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
  8. ワコムが有機ELと出会ったら……極薄で最軽量液タブ「Movink 13」をプロ絵師が試したぞ! (2024年05月22日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. Next GIGAで何が変わる? 文科省が「学習用端末」の要件や補助スキームの変更などを行った理由【前編】 (2024年05月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー