ニュース
» 2005年05月11日 00時00分 公開

キャプチャーカード:アイ・オー、Wチューナー+XCode II-L搭載の高画質志向キャプチャーカード発売 (1/2)

アイ・オー・データ機器は、Wチューナー+XCode II-Lチップ搭載の高画質モデルを中心にキャプチャー製品3モデルを発表、5月下旬より順次発売を開始する。

[岩城俊介,ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は5月11日、Wチューナー+XCode II-Lチップ搭載のPCI内蔵TVキャプチャーカード「GV-MVP/GXW」、ソフトウェアエンコードタイプのバリューキャプチャーユニット2モデルの計3製品を発表、5月下旬より順次発売を開始する。

XCode II-L+高画質化チップ×4搭載のダブルチューナーモデル

photo GV-MVP/GXW

 GV-MVP/GXWは、XiXS製エンコードチップ「XCode II」シリーズのうち、1チップで2ストリームの同時入力・エンコードが可能な「XCode II-L」を採用し、基板内に2基のチューナーを内蔵するTVキャプチャーカード。発売は5月下旬、価格は2万8500円。

 XCode II-L採用は、1チップで2ストリーム分のエンコードが処理できるほか、低ビットレート時でも画質劣化が少なく、高画質さを維持できること、トランスコード時間の短縮(関連記事参照)といったメリットが挙げられる。ほか、NEC「μPD64012」チップを2基設置することにより、各入力経路において3次元Y/C分離/3Dノイズリダクションの同時利用が可能、ほか「μPD64031A」の2基搭載によるゴーストリデューサ画質補正機能、フレームシンクロナイザを搭載する。

photo 1チップで2ストリーム分のエンコードが処理できる「XCode II-L」と、NEC「μPD64012」チップ2基、「μPD64031A」2基

 TV視聴・録画ソフトは「mAgicTV5」。最大6番組の同時録画に対応し、GV-MVP/GXWであれば3枚同時設置が可能となっている。なお、GV-MVP/GXWのほか、同GX、RX2、RX2W、RX2E、RX、RZ2との混在利用にも対応した。

photo 同社キャプチャーカードとの混在利用にも対応する

 ほか、音声付き早見・遅見再生、レジューム再生、予約録画時の0〜30秒マージン時間設定、バンドルソフト「PowerProducer 3 for I-O DATA」との連携よるCM自動検出機能などを搭載する。

 GV-MVP/GXWの主な仕様は以下の通り。

製品名GV-MVP/GXW
エンコード対応形式MPEG-2
エンコードチップViXS製「XCode II-L」
搭載チューナー内蔵2基(内部分配)
高画質化機能3次元ノイズリダクション、3次元Y/C分離、ゴーストリデューサー、画質補正、フレームシンクロナイザ
映像ビットレート1M〜15Mbps(Full D1、VBR/CBR)、25Mbps(I Frameのみ)
音声ビットレート192K、224K、256K、320K、384Kbps(MPEG-1 Audio Layer-II)、1536Kbps(リニアPCM)
音声周波数48kHz
搭載インタフェースアンテナ入力×1、S-Video×1、RCA映像×1、RCA音声左右×各1
複数同時設置可能(GV-MVP/GXWのみの場合最大3基、GV-MVP/GX、GV-MVP/RX2、GV-MVP/RX2W、GV-MVP/RX2E、GV-MVP/RX、GV-MVP/RZ2との混在同時設置も可能)
本体サイズ106.68(幅)×167.64(長さ)×17.5(高さ)ミリ
重量約197グラム
発売2005年5月末
価格2万8500円

価格1万円ほどと手軽なUSB外付けモデルとソフトウェアエンコードモデル

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう