ニュース
» 2005年05月30日 17時27分 公開

フラッシュバック、H.264対応エンコードソフト「Sorenson Squeeze 4.1」

フラッシュバックは、同社製高機能ムービー圧縮エンコードソフトの最新版となる「Sorenson Squeeze 4.1」を発表した。価格は5万8800円前後。

[ITmedia]

 フラッシュバックは、高機能ムービー圧縮エンコードソフト「Sorenson Squeeze 4」の最新版となる「Sorenson Squeeze 4.1」シリーズ3製品を発表した。価格はいずれもオープン、メーカー通販価格は1万6800円より。

photo Sorenson Squeeze 4.1 MPEG-4圧縮設定画面

 Sorenson Squeeze 4は、ムービーファイルの圧縮およびコンバートに対応するエンコードソフトで、20種以上ものフォーマット出力に対応する「Sorenson Squeeze 4 Compression Suite」(以下「Compression Suite」)、Flashムービー形式出力に特化した「Sorenson Squeeze 4 for Macromedia Flash MX」(以下「for Flash MX」)、「Sorenson Squeeze 4 for MPEG-4」(以下「for MPEG-4」)の3製品をラインアップしている。

 今回のバージョンアップでは、新たにMPEG-1/2出力(Compression Suite)をサポートしたほか、AVC/H.264、High Definition (HD) H.264によるMPEG-4入出力(Compression Suite/for MPEG-4)に対応。QuickTime 7と互換性のあるH.264形式ムービーの作成が可能となっている。

 新たにエンコードしたクリップのFTP転送機能や、DVDライティング機能などが付加されたほか、Ver4.0のバグフィックスも合わせて行われている。Sorenson Squeeze v4.0シリーズユーザーは、無償でのバージョンアップが可能。

 対応OSはWindows 2000 Professional/XP、MacOS X 10.2以降。

 Sorenson Squeeze 4.1シリーズのラインアップと価格は以下の通り。

製品名メーカー通販価格
Sorenson Squeeze 4 Compression Suite5万8800円
Sorenson Squeeze 4 for Macromedia Flash MX1万6800円
Sorenson Squeeze 4 for MPEG-42万7300円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう