ニュース
» 2005年05月30日 18時47分 公開

オムロン、UPS用自動シャットダウンツール「PowerAct Pro」用64ビットOS対応アップデータ公開

オムロンは、同社製UPSに付属する自動シャットダウンツール「PowerAct Pro」用の、64ビットOS対応アップデータを6月6日より公開する。

[ITmedia]

 オムロンは5月30日、同社製UPSに付属する自動シャットダウンツール「PowerAct Pro」用の64ビットOS対応アップデータを発表、6月6日より公開を開始する。

 同アップデータによりPowerAct ProのバージョンはVer2.00となり、新たにWindows XP Professional x64 Edition(英語版/日本語版)/Windows Server 2003 x64 Edition(英語版/日本語版)、RedHat Enterprise Linux Ver3/Novell SUSE Enterprise Linux Ver9 がサポートされる。

 また動作OSとしてWindows Server 2003(英語版)およびWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP(英語版)、MIRACLE LINUX Ver3.0、TurboLinux 10Server、Novell SUSE Enterprise Linux 9 (x86)の追加もなされている。

 Linux版は、新たにUSB通信機能をサポート。Windowsには冗長電源機能がサポートされている。

 ダウンロードサポート対象となるのは「PowerAct Pro」収録CD-ROMを所持しているユーザーのみで、無償でのダウンロードが可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう