ニュース
» 2005年07月06日 16時12分 公開

バッファロー、耐衝撃ボディ採用&セキュリティ機能搭載ポータブルHDD

バッファローは、衝撃吸収構造ボディを採用し、暗号化ソフト「Secure Lock Ware」が付属するポータブルHDD「HD-PHSU2/UC」シリーズ2モデル4製品を発表した。価格は1万3600円から。

[ITmedia]

 バッファローは7月6日、衝撃吸収構造ボディを採用するとともに、暗号化ソフト「Secure Lock Ware」を同梱するポータブルHDD「HD-PHSU2/UC」シリーズ2モデル4製品を発表、7月下旬より発売する。価格は40Gバイトモデルの「HD-PHS40U2/UC」「HD-PHS40U2/UC-BK」が1万3600円、80Gバイトモデルの「HD-PHS80U2/UC」「HD-PHS80U2/UC-BK」が2万1000円。

photo HD-PHSU2/UCシリーズ  シルバーとブラックの2モデルをラインアップする

 HD-PHSU2/UCシリーズは、衝撃吸収材によるフローティング構造を採用するポータブルHDDで、フレーム部には衝突時の衝撃を減少させるバンパーボディが用いられており、万一HDDを落下させた場合にも損傷を軽減し、データの破損を防止する。

 セキュリティ機能として、同社製暗号化ソフト「Secure Lock Ware」が標準で付属。AES256bit方式による暗号化により、より強度の高い暗号化を実現し、盗難時などの場合にも情報の漏洩を防止する。

 本体サイズは127(幅)×83(奥行き)×21(高さ)ミリ、重量は200グラム。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP、MacOS 9.0.4以降/X 10.0.4以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう