ニュース
» 2005年07月11日 18時44分 公開

プリンストン、ネオジム磁石採用ユニット搭載のコンパクトスピーカー

プリンストンテクノロジーは、ネオジム磁石の採用により高音質と小型化を実現したマルチメディアスピーカー「PSP-MSS1」シリーズを発表した。価格は3980円前後。

[ITmedia]

 プリンストンテクノロジーは7月11日、ドライバユニットにネオジム磁石を採用し、高音質と小型化を両立したマルチメディアスピーカー「PSP-MSS1」シリーズを発表、7月下旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は3980円前後。

photo PSP-MSS1シリーズ ホワイトモデルの「PSP-MSS1/W」、ブラックモデルの「PSP-MSS1/B」をラインアップする

 PSP-MSS1シリーズは、トータル6ワット(3ワット×2)出力のアンプ内蔵マルチメディアスピーカー。フルレンジ型のドライバユニット×2を搭載し、ドライバユニットには、通常のスピーカーに用いられるフェライト磁石の10倍の磁力を持つネオジム磁石を採用。省スペース設計ながら高音質を実現している。

 スピーカーユニットは上下方向(45度)の角度調節が可能。また、擬似的にサラウンド音場を作り出すバーチャルサラウンド機能を搭載する。

 電源供給は付属のACアダプタと乾電池(単三電池)の2方式に対応する。 本体サイズは210(幅)×73(奥行き)×43(高さ)ミリ、重量は426グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう