きょうはASUS「EN7800 GTX TOP」で「外見で判断してはいけない」と心に誓ったグラフィックスカード(1/2 ページ)

» 2005年08月18日 18時16分 公開
[長浜和也,ITmedia]

「見てビックリ」「動かしてさらにビックリ」のドデカクーラーユニット

 ASUSのGeForce 7800 GTX搭載グラフィックスカード、というと「オーバークロックを売りにした製品をいち早く発表した」という印象が強い。ただし、その直後に店頭に並んだ製品「EN7800GTX」は定格動作のいたってノーマルなグラフィックスカードだった。

 「おお、これはどうしたことか」とユーザーも色めきたった時期もあったが、先週末から店頭に並び始めた「EN7800 GTX TOP」は正真正銘のオーバークロックバーションのGeForce 7800 GTXグラフィクスカードとして登場した。

EN7800 GTX TOP。これまでのGeForce 7800 GTX搭載カードがリファレンスクーラーを搭載していたのに対し、この製品はオリジナルクーラーを載せている

 その動作クロックはコアクロック486MHzにメモリクロック675MHz(転送レートで1.35GHz相当)と、現在登場している同種のオーバークロック製品のなかでは最速だ。

 しかし、さすがASUSだけあって、EN7800 GTX TOPをただのオーバークロックバージョンとしてではなく「一味違う」グラフィックスカードに仕立てている。

 過去に登場したNVIDIA最新GPUはGeForce FX 5800にしてもGeForce 6800 Ultraにしても分厚いクーラーユニットを実装していたが、これがとかく不評だったことは多くのユーザーに納得していただけると思う。NVIDIAのこの「ユーザーの声」を尊重して、GeForce 7800 GTXではハイエンドGPUながらワンスロットで収まる薄型クーラーユニットを実装した。

 おかげでクーラーに対するユーザーの評判もよろしいようで、NVIDIA開発担当(とくに冷却機構担当)者もホット一息、というところらしいが、ASUSがEN7800 GTX TOPに実装したクーラーは時代に逆行するような、「反動的」に分厚いユニットなのだ。

思わずのけぞる分厚いクーラーこそが、このカードの性格を最もよく示しているといえる

 HISの「ドデカ」クーラーユニットにも見えなくないが、とにかく2スロットをたっぷり取るだけの高さを持ったクーラーユニットである。しかし、このグラフィックスカードはたしかGeForce 7800 GTXを搭載しているはず。「ならば、NVIDIA SLIにも対応しているではないか?」ということで、基板にはそのためのコネクタも用意されている。

 さすがに、2スロットも塞いでしまうような厚いカードでは「nForce4 SLIチップセットマザーのPCI Express x16スロットの間にx1スロットがあるでしょ」といわれても、ぴったり重なって心もとない。ところが、である。うまくしたもので、ASUSのnForce4 SLIマザー「A8N SLI」シリーズなら、2つのPCI Express x16スロット間には、これまた2つのx1、x4スロットがあって他社のマザーより間隔があいているのだ。

 A8NマザーならEN7800 GTX TOPを2枚差してもカードの間は余裕である。ASUSはこのような分厚いクーラーユニットを実装したグラフィクスカードを使ったNVIDIA SLIを意識してPCI Expressスロットのレイアウトを考えていたのかもしれない。

とはいっても、まさかA8N SLIの開発時にEN7800 GTX TOPのことを意識していたわけではあるまい

 「分厚いクーラーユニットに轟音は付き物」と考えているユーザーは多い。そして、これまでいくつかの「オーバークロック」GeForce 7800 GTXカードと接してきたが、どれもが「とにかく熱くなるので思いっきりチップを冷やしていまっす」といわんばかりにファンがブンブン唸っていた。

 分厚いクーラーにオーバークロック動作。どう考えても「豪快な騒音」をイメージさせる状況だが、実際に動かすとこれが実に静かなのだ。大きなファンを低速で回して静音性能を向上させる、というのは最近のデスクトップPCでよく使われる手法であるが、EN7800 GTX TOPもこの方法をいち早くグラフィックスカードに取り入れているようだ。

 場所塞ぎの分厚いファンを搭載したおかげで、高性能GPUを高速で動作させながらも静音性能も両立させてしまったEN7800 GTX TOPは、「コロンブスの卵」のような驚きをユーザーに与えてくれる。

静かなのにバフォーマンスはブッチギリ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  5. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  6. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  7. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  8. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー