レビュー
» 2005年08月18日 18時16分 公開

きょうはASUS「EN7800 GTX TOP」で「外見で判断してはいけない」と心に誓ったグラフィックスカード(2/2 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

静かなのにバフォーマンスはブッチギリ

 そういうわけで、オーバークロックがもたらすパフォーマンスを見てみよう。ハイエンドGPUに敬意を表して今回もAthlon 64 FX-57を基幹としたハイエンドシステムで定番ベンチマークをまわしている。ただし、機材調達の関係で、1枚のEN7800 GTX TOPしか入手できなかったため、(絵的には見ごたえがあるだろう)NVIDIA SLIのパフォーマンスは測定していない。残念。

 比較するのは、ノーマルでは定格動作ながら、BIOSを書き換えると同じオーバークロックバーションに変身するギガバイトの「GV-NX78X256V-B」変身前と変身後。GV-NX78X256V-Bはオーバークロック状態でコアクロック480MHz、メモリクロック625MHz。EN7800 GTX TOPはわずかに速いものの、有意な違いを出すことができるだろうか。

ベンチマークシステム環境
CPUAthlon 64 FX-57
マザーボードASUS A8N-SLI
メモリPC3200/512MB×2ch
HDDST3160023AS
OSWindows XP Professional +SP2
ForceWare77.72

3DMark05 Score
3DMark03 Score
Aquamark3
DOOM3(timedemo demo1)
FarCry(HardwareOC River)
Half-Life 2(HardwareOC d13c17)

 オーバークロック状態でその周波数の差はわずかであるけれど、3DMark05と3DMark03を見ると、EN7800 GTX TOPは明らかにNX78X上回る値を出している。ただ、Aquamark3でその差は詰まり、市販ゲームをベースしたベンチマークではほとんど同じ(一部は下回る)結果となっている。

 今までのGeForce 7800 GTXのレビューで何度も触れているように、これらのベンチマークでは、GPUがほとんど影響していないともいえる状態なので、あまりその結果で優劣をつけられないが、それでも、重負荷状態ではEN7800 GTX TOPが明らかに良好な結果を残している。

 以上、オーバークロックがもたらすEN7800 GTX TOPのパフォーマンスは、現在市販されているGeForce 7800 GTX搭載カードでは最速グループにあるといっていい。しかし、このカードで最も高く評価したいのは、時代に逆行するような厚いクーラーユニットを搭載することで、高性能と静音性能を両立させたことにある、と、ここではあえて強く主張しておきたい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう