ニュース
» 2005年08月30日 15時10分 公開

ビジネスユース新モデルも登場したVAIOノートPC新製品

ソニーマーケティングはVAIOのノートPCラインアップ「VAIO type A」「VAIO type F」「VAIO type S」「VAIO type BX」を発表した。出荷は9月10日から順次開始される。

[ITmedia]

オーナーメードモデルで登場する「VAIO type A」

 今回登場する「VAIO type A」はオーナーメードモデルのベースとして用意される「VGN-A74PS」(Windows XP Professional SP2モデル)「VGN-A74S」(Windows XP HomeEdition SP2モデル)のみ。店頭モデルとソニースタイルモデルで扱うスペック固定モデルは投入されない。

 液晶ディスプレイは17インチワイドサイズで最大解像度1920×1200ドットのパネルと最大解像度1440×900ドットのパネルを選択可能。CPUはPentium M 780、同750、同740、Celeron M 370が選べる。

 メモリはDDR2-533MHz対応モジュールを搭載。容量は最大2Gバイトまで。HDDでは最大120Gバイトドライブが用意された。そのほかの主要なスペックは夏モデルと同様だが、ワイヤレスインタフェースとしてBluetoothを実装。オーナーメードモデルでBluetoothを選択すると、Bluetooth対応ヘッドセットも組み合わせ可能になる。

型番VGN-A74PSVGN-A74S
CPUPentium M 780、同750、同740、Celeron M 370から選択
メモリDDR2-533もしくはDDR2-400MHZ/2Gバイト、同1Gバイト、同512Mバイトから選択(最大2Gバイト)ただしCeleron MモデルはDDR2-400MHzのみ
HDD120Gバイト、100Gバイト、80Gバイト、60Gバイトから選択
ドライブ2層式DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROM&CD-RWコンボドライブから選択
TVキャプチャーハードウェアMPEG-2エンコーダ内蔵AVパワーアップステーション有無選択
グラフィックスMOBILITY RADEON X600
無線LANIEEE802.11a/b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック
主なインタフェースUSB2.0×3、i.LINK、BlueToothなど
インタフェース(AVパワーアップステーション:有無選択可)USB2.0×4、パラレル、コンポジットビデオ入出力×各1、S-Video入出力×各1、TVアンテナ、VGA、DVI-D、光デジタル音声出力など
OSWindows XP Professional SP2Windows XP HomeEdition SP2
サイズ幅405.5X厚さ42.2〜45.2X奥行280.1ミリ
重さ約3.94キロ
ディスプレイ17インチ(1920×1200ドット)、もしくは17インチ(1440×900ドット)から選択
バッテリー駆動時間約3時間

高画質機能を強化した「VAIO type F」

 VAIO type Fは店頭モデル「VGN-FS52B」「VGN-FS32B」「VGN-FS22B」「VGN-FS22VB」の4モデルと、オーナーメードモデルを用意。VGN-FS22VBは廉価モデルVGN-FS22Bに「テレビポートリプリケータ」が標準で付属する。

 今回登場するVAIO type Fではすべてのモデルでクリアブラック液晶パネルを採用。また、高画質機能「Motion Reality LE」に対応し、テレビポートリプリケータを接続した状態で、高画質機能が有効になる。

 パーツを選択できるオーナーメードモデルでは、同じ15.4インチながら最大解像度1680×1050ドットの液晶ディスプレイ、Pentium M 770、メモリ容量1Gバイトといった店頭モデルでは選べないハイエンドパーツを用意する一方、メモリ容量256Mバイト、HDD容量40Gバイト、DVD-ROMドライブ内蔵といったロープライス構成も選択できる。

 また、ビジネス利用を想定した「ビジネスパーソナルモデル」も「VGN-FS92PS1」「VGN-FS92PS2」を用意。メモリはDDR2-400MHz、HDD容量40Gバイトとスペックを落として価格を抑え、筐体もメタリックグレーを採用する。

型番VGN-FS52BVGN-FS32BVGN-FS22BVGN-FS22VB
CPUPentium M 750Celeron M  370Celeron M 360
メモリDDR2-400MHz/512Mバイト(最大2Gバイト
HDD100Gバイト80Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブ2層式DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブ
TVキャプチャー付属のテレビポートリプリケータに内蔵
グラフィックスIntel 915GMIntel 910 GML
無線LANIEEE 802.11a/b/gIEEE 802.11b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック
主なインタフェースUSB 2.0×3、I.LINK×1、FeliCaポート、外付けFDDUSB 2.0×3、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅364×厚さ25.4〜36.4×奥行264.5ミリ
重さ2.85キロ
ディスプレイ15.4インチ (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間約3.5時間(JEITA)約2.0時間(JEITA)
実売予想価格約21万5000円約17万5000円約16万円約18万5000円
発売予定日9月10日

型番VGN-FS92PS1VGN-FS92PS2
CPUPentium M 740
メモリDDR2-400MHz/512Mバイト( 最大2Gバイト)
HDD40Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブDVD-ROM&CD-RWコンボドライブ
TVキャプチャー
グラフィックスIntel 915GM
無線LANIEEE 802.11b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック
主なインタフェースUSB 2.0×3、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP Professional SP2
サイズ幅364×厚さ25.4〜36.4×奥行264.5ミリ
重さ2.85キロ
ディスプレイ15.4インチ (1280×800ドット)

新開発クーラーファンで静音性能と放熱性能が向上「VAIO type S」

 VAIO type Sは店頭モデルに「VGN-S54B/S」の1機種が登場。ほかにオーダーメードモデルが用意される。「VGN-S54B/S」はCPUがPentium M 740、HDD容量が80Gバイト、メモリがDDR2-533MHz/256Mバイトと夏モデルからアップグレード。筐体にはFeliCaポートも内蔵された。

 オーダーメードモデルでは、Petnium M 780、同760、メモリ容量最大2Gバイト、HDD容量120Gバイトといった、店頭モデルを超えるハイエンドパーツを選択できる。

 今回登場したVAIO type Sはクーラーユニットのファンが変更され、羽根の外端をリング(資料にはシュラウドとある)で覆った「複合シュラウドブレード」を採用。放熱性能が従来タイプの10%アップし、静音性能も向上した。

型番VGN-S54B/S
CPUPentium M 740
メモリDDR2-533MHz/256Mバイト( 最大2Gバイト)
HDD80Gバイト
ドライブ2層式DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブ
TVキャプチャー
グラフィックスIntel 915GM
無線LANIEEE 802.11a/b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック
主なインタフェースUSB 2.0×2、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅312.5×厚さ29.9〜35.4×奥行224.8ミリ
重さ1.95キロ
ディスプレイ13.3インチワイド (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間バッテリーパック(S)搭載時約4.5時間
実売予想価格約20万円
発売予定日9月10日

ビジネスユースを意識した「VAIO type BX」

 VAIO type BXはビジネス利用を想定したハイエンドノートPC。スペック固定の「ビジネスパーソナルモデル」として「VGN-BX90PS1」「VGN-BX90PS2」「VGN-BX90PS3」「VGN-BX90PS4」「VGN-BX90PS5」「VGN-BX90PS6」を用意。

 ほかにオーナーメードモデルのために、Windows XP HomeEdition SP2やPentum M 780、同760、メモリ容量1Gバイト、HDD容量120、100、80Gバイトなどが選択できる。

 筐体側面は内側にクサビ状で入り込む形でカットされたデザインを採用。側面に設けられたインタフェースや光学ドライブがユーザーの視点から認識しやすい。筐体パネルにはマグネシウム合金を用いている。ポインティングデバイスにタッチパッドとスティックポインターを搭載し、ユーザーが慣れているデバイスを選んで使うことが可能。

 ビジネス利用で重要なセキュリティのために、TPMセキュリティチップと指紋センサーを搭載。FeliCaポートも内蔵し、FeliCaによるセキュリティ機能への応用も期待されている。このほか、テレビ会議で利用できるWebカメラ(有効画素数31万画素)を液晶パネル上部に取り付けた。

型番VGN-BX90PS1VGN-BX90PS2VGN-BX90PS3VGN-BX90PS4VGN-BX90PS5VGN-BX90PS6
CPUPentium M 760Pentium M 740Celeron M 370
メモリDDR2-533MHz/512Mバイト(最大2Gバイト)DDR2-533MHz/256Mバイト(最大2Gバイト)DDR2-400MHz/256Mバイト(最大2Gバイト)
HDD60Gバイト40Gバイト
ドライブ2層式DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブDVD-ROM&CD-RWコンボドライブ-
グラフィックスMOBILITY RADEON X700 HyperMemoryIntel 915GM
無線LANIEEE 802.11b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック
主なインタフェースUSB 2.0×2、I.LINK×1、FeliCaポート、WebカメラUSB 2.0×2、I.LINK×1
OSWindows XP Professional SP2
サイズ幅317×厚さ31.8〜33×奥行263.7ミリ
重さ2.5キロ
ディスプレイ14.1インチ(1400×1050ドット)14.1インチ(1024×768ドット)
バッテリー駆動時間約2.0時間(JEITA)約1.5時間(JEITA)
発売予定日10月17日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  4. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  7. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
  10. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー