ニュース
» 2005年08月30日 15時35分 公開

オウルテック、BTX/ATX両対応ミドルタワーケースなど3製品PCケース

オウルテックは、BTX/ATX両対応のミドルタワーケース「OWL-AB801(B)/N」など、ミドルタワー/ミニタワーPCケース計3製品を発表した。

[ITmedia]

 オウルテックはこのほど、BTX/ATX両対応のミドルタワーPCケース「OWL-AB801(B)/N」、ATX対応ミドルタワーPCケース「OWL-603AT(B)/N」、MicroBTX対応ミニタワーPCケース「OWL-603MB(B)/N」の計3製品を発表、9月上旬より発売する。価格はいずれもオープン、予想実売価格はOWL-AB801(B)/Nが2万1000円、OWL-603AT(B)/Nが1万3000円、OWL-603MB(B)/Nが1万800円。

photo OWL-AB801(B)/N

 OWL-AB801(B)/Nは、ATX対応のミドルタワーPCケースで、付属のBTX変換パーツによりBTXマザーを搭載可能とする。冷却ファンは12センチ角ファン×1を背面に搭載するほか、前面に12センチ角ファン×2を搭載可能となっている。

 利用可能ドライブベイ数は5インチ×6(BTX時は×3)、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×4。フロントアクセスとしてUSB×4、IEEE1394×1、マイク入力、ヘッドフォン出力を備える。

 本体サイズは205(幅)×545(奥行き)×538(高さ)ミリ、重量は16.7キロ。

photo OWL-603AT(B)/N

 OWL-603AT(B)/Nは、スタンダードなスチール製ATXミドルタワーPCケースで、両サイドにしれぞれ9センチ角ファン×2を取り付け可能(搭載ファンは右サイド9センチファン×2)なほか、背面に12センチ角ファン×1を搭載する。

 利用可能ドライブベイ数は5インチ×3、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×6。シャドーベイはレールを使用したスクリューレス仕様となっている。

 本体サイズは205(幅)×535(奥行き)×462(高さ)ミリ、重量は9.8キロ。

photo OWL-603AT(B)/N

 OWL-603AT(B)/Nは、Micro BTX対応のミニタワーPCケース。利用可能ドライブベイ数は5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×3となっている。

 冷却ファンはセンチ角ファン×1を背面に搭載するほか、さらに9センチ角ファン×1を背面に増設可能となっている。

 本体サイズは180(幅)×426(奥行き)×398(高さ)ミリ、重量は6.5キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  4. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  7. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
  10. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー