ニュース
» 2005年09月01日 15時41分 公開

VAIOは「あなただけのPC」になる──VAIO体験イベント

VAIOの新製品発表会を兼ねた「VAIO体験イベント」に行ってみた。VAIO type Tをメインに進む発表会のキーワードは「あなただけのバイオ」。どうやら新しいVAIOのメインコンセプトは「オーナーメードモデル」にあるようだ。

[長浜和也,ITmedia]

 新登場のVAIOでは、新しい購入方法として「VAIO・ORDER・MADE・MODEL」(オーダーメードモデル)が導入された。オーダーメードモデルではユーザーが自分にあったパーツ構成を自由に選択できるが、こうして購入した「あなただけのバイオ」「自分だけのバイオ」で得られる満足感をソニーはVAIOの新たなコンセプトとして位置付けようとしている。

 ソニーが新製品の発表会を兼ねて行ったVAIO体験イベントでも「あなただけのバイオ」「オーナーメードモデル」の意義をアピールするプレゼンテーションが展開された。

 冒頭でソニーは、これからのPCを「これからのPCのありかた」「これからのPCの買いかた」という視点からオーダーメードモデルの意義を紹介。PCを単に機能と価格だけで選ぶ時代から、車のように“オーナー”感覚を持ってもらえるようなPCを選び、PCのオーナーは充実したユーザーサポートを利用する時代になる、と説明する。

 薄型軽量で注目され、今回登場したVAIOラインアップの主役とも言える「VAIO type T」は、正式発表前から複数の「著名人」に、各自の使い方にあわせたパーツ構成の「オーダーメードモデル」を選んでもらいすでに使ってもらっている。発表会にはその中のひとり、スポーツジャーナリストの中西哲生氏が登場。

イベントの主役はやっぱりVAIO type Tだった

イベントが行われた銀座ソニービルの1階フロアには、「自分だけのVAIO type T」をオーダーメードモデルで入手した「著名人」から、実際に使った感想を綴った「自筆のメッセージ」が実機とともに展示されている

 「10台を超えるVAIOのユーザー」という中西氏は、「移動して仕事をすることが多い自分にとって、新しいVAIO type Tの良さはバッテリーの持ち時間と軽さと薄さ。テンションを上げないと仕事に取り掛かれないので、いつもカフェで原稿を書くが、そういうときは“見られてカッコイイ”PCが必要」と、「軽量薄型」「長時間バッテリー駆動」のVAIO type Tがいかに自分の使い方にマッチしているか、をアピールした。

取材で移動した出先でPCを使う中西氏は、軽さとバッテリー駆動時間を優先したオーダーメードモデルVAIO type Tをすでに使っている。その実機を手にしてソニーのよさをアピール。「オーダーしてすぐに入手できるのもメイドイン・ジャパンのソニーだからこそ」

 会場には製品展示ブースが設けられ、VAIO type Tのシステム基板や、白色LEDを採用した新開発の薄型液晶ディスプレイのスケルトンモデル、天板パネルに採用されたマルチレイヤーカーボンファイバー素材の実物などが展示され、多くの来場者の注目を集めていた。

VAIO type Tのシステム基板。チップセットやCPUからその小ささが分かる

新たに開発された白色LED採用薄型液晶ディスプレイのスケルトンモデル。下に並んだLEDをその下にある限りなく小さくなったシステム基板の姿が見える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう