ニュース
» 2005年10月13日 22時06分 公開

シーゲイト、個人向けHDD新シリーズ「Barracuda 7200.9」発表 (2/2)

[小林哲夫&編集部,ITmedia]
前のページへ 1|2       

多種多様な容量のモデル用意し、合計19製品のラインアップが揃う

 製品ラインアップはUltra(Paralell) ATAモデルが40Gバイトから、80G、120G、160G、200G、250G、300G、400G、そして500Gバイトモデルが、Serial ATAモデルは、同じく80Gバイトモデルから500Gバイトモデルまで用意される。

 バッファ容量は、Ultra ATA/100の40G/80Gバイトモデルが2Mバイト、同120G/160Gバイトモデルは2Mないし8Mバイト、同200G/250Gバイトモデルは8Mバイト、Serial ATAの80G〜250Gバイトモデルは8Mバイト、300Mバイト以上のモデルは16Mバイト搭載される。

製品名容量接続インタフェースプラッタ枚数プラッタ最大容量バッファ容量
ST3402111A40GバイトUltra ATA/1001160Gバイト2Mバイト
ST3802110A80GバイトUltra ATA/100
ST3808110ASSerial ATA8Mバイト
ST3120213A120GバイトUltra ATA/1002Mバイト
ST3120814A8Mバイト
ST3120813ASSerial ATA
ST3160212A160GバイトUltra ATA/1002Mバイト
ST3160812A8Mバイト
ST3160812ASSerial ATA
ST3200827A200GバイトUltra ATA/1002133Gバイト
ST3200827ASSerial ATA
ST3250824A250GバイトUltra ATA/100
ST3250824ASSerial ATA
ST3300622A300GバイトUltra ATA/100316Mバイト
ST3300622ASSerial ATA
ST3400633A400GバイトUltra ATA/100
ST3400633ASSerial ATA
ST3500641A500GバイトUltra ATA/1004125Gバイト
ST3500641ASSerial ATA

 Serial ATAモデルは、現在最新規格であるSerial ATA Specification Rev 2.5におけるすべての仕様を満たしたものとなっており、NCQ、3.0Gbps転送、ホットプラグ、ホットスワップ、スタッガードスピンアップ、Activity LEDをサポートする。

 小林氏は「1つの製品群で、これだけ容量の幅があるのは業界では画期的なこと」とし、部材の共通化によるスケールメリットの高さをアピールする。従来製品ではBarracuda 7200.7シリーズが比較的小さな容量、Barracuda 7200.8シリーズが大容量のモデルと2世代シリーズを共存させていたのに対し、1シリーズで現状望まれる多くのニーズに対応できることで、歩留まり向上させ製造コストも低減できるメリットがおおいにあると考えられる。

photo 日本シーゲイト 代表取締役社長 小林剛氏

 また現状業界最大となる、160Gバイトプラッタを使用するモデル(160Gバイト製品以下のもの)を投入するなど、面密度の採用、そして静音性で対衝撃性も向上させたこともポイントとなる。騒音レベルでは人間の可聴限界以下となる2.5bels(300Gバイト以下モデルでのアイドル時。400G/500GBは2.8bels)を実現し、非動作時で約350G(1ms)、動作時で約65G(2ms)の耐衝撃性を備える設計となった。

photo アイドル時の静音性の高さは家庭向けマシンでは重要で、スペック表を見ると上位モデル以外は可聴範囲外の低騒音となっている

 なお、一般ユーザー向け出荷もすでに始まっており、秋葉原のPCパーツショップなどでは160Gバイト以下と500Gバイトのモデルが販売が開始された。

Barracuda 7200.9 500Gバイト ST3500641AS

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう