レビュー
» 2005年10月19日 11時27分 公開

TV+ワイド液晶搭載の“グッドバランス”ノート──シャープ「Mebius PC-WA70K」 (1/6)

購入しやすい価格帯で、やや大型のワイド液晶+TV機能を備える、家庭内用途にちょうどよいものを──シャープ「Mebius WA」シリーズはそのようなユーザーがターゲットになる。今回はこのMebius WAを試用してみた。

[石川ひさよし,ITmedia]

 シャープ「Mebius PC-WA70K」は、15.4インチワイドの1280×768ドット(WXGA)表示対応高輝度ピュアクリーン液晶を搭載し、Mebiusシリーズ伝統のシルバーボディをまとう2005年秋冬モデルノートPCだ。

photo 15.4インチワイド液晶を搭載するシャープ「Mebius PC-WA70K」。価格は15万円台から(ITmedia +D Shoppingで最安値をチェックする)

 主な特徴として、15.4インチワイドの液晶ディスプレイを備え、この手のやや大型ノートモデルに搭載されることはもはや必須となってきたTV機能を搭載する。

 CPUには低電力モバイルAMD Sempron 2800+を採用しコストメリットを追求し、ATI RADEON XPRESS 200Mチップセット搭載マザーを採用することでRADEON X300相当の比較的強力な統合グラフィックス機能を備えている。

photo 反射コーティングが施された光沢液晶を採用する

 TVキャプチャーモジュールの実装形態はMini PCIカードとなっている。同じくMebius WAシリーズの兄弟モデルとなる「PC-WA50K」では、このTVモジュールの代わりに無線LANモジュールが搭載される。基本的には据え置き型に向くノートモデルで、今ではUSBやPCカードなど拡張手段も豊富なので、どちらが上位・下位かというものでもなく、使用用途に合わせてモデル選択をすればよいと思われる。

photo 本体裏Mini PCIスロットにTVキャプチャーモジュールが搭載されている

動作音も静かで快適。前面にUSB/IEEE1394を備えるなど使い勝手もよい

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう