ニュース
» 2005年10月25日 18時13分 公開

HDD、メモリ容量を増やした「Let'snote W4 ハイエンドリミテッドモデル」

松下電器産業のPC直販Webサイト「マイレッツ倶楽部」が10月25日、Let'snote W4シリーズハイエンドリミテッドモデルを発表した。200台限定で11月1日から発売される。

[ITmedia]

 Let'snote W4ハイエンドリミテッドモデルは松下電器産業のPC直販サイト「マイレッツ倶楽部」で限定200台のみ販売される製品。11月1日から受注を開始し、製品の発送は12月中旬に行われる予定。

 モバイル向けノートPCとしては最大となるHDD容量120Gバイト、メモリ容量1Gバイトを搭載。本体スペックの差別化のほかに、ユーザーの名前が刻印された「本皮インナーバック」が付属し、Microsoft Office Pofesional(通常モデルはPersonalのみ)のプリインストールが選択できる。そのほか、カラー天板、英字のみキーボード、ネームプレートなどの従来からあるマイレッツ倶楽部オプションにも対応。

ハイエンドリミテッドモデルに付属する「本皮インナーバック」

 ハイエンドリミテッドモデルの価格はMicrosoft Office Professionalプリインストールモデルで35万4800円。Microsoft Office Professionalなしモデルで29万9800円。

 また、このハイエンドリミテッドモデルの発売に合わせて、オリジナルの専用インナーバックも発売される。ラインアップは表面素材がリセ製のLet'snote W/T用と本革製のLet'snote R用の2種類。価格はリセ製インナーバックが1万3000円(PCと同時購入の場合は1万1000円)、本革製インナーバックが1万8000円(同じく1万6000円)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう