ニュース
» 2005年11月01日 13時07分 公開

2005年10月:5分で分かった気になる、10月のアキバ事情 (1/4)

10月、まだかまだかと待ち望まれていた「CrossFire」対応製品がついに登場した。そしてオンボードDVI搭載タイプのAthlon 64/64 X2マザー、そして“嗜好性”CPUクーラーのヒットなども今月の特徴の1つであった。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

RADEON X1000シリーズおよびCrossFire対応製品が登場

 2枚のグラフィックスカードを使って3D描画性能を向上させるATIの新GPU「RADEON X1000」シリーズ搭載製品、およびCrossFire対応製品が、10月中旬ごろからアキバ各ショップにて販売が開始された。

 CrossFire構築には、対応チップセット搭載マザーとプライマリ((マスター)側/セカンダリ(スレーブ)側に挿すグラフィックスカード2枚を必要とする。SLIと異なり、2枚のグラフィックスカードは同一製品ないし同一GPU(ForceWare 81.84βから)のものとするのではなく、プライマリ用に「Compositing Engine」チップが搭載される専用のものを、セカンダリ用には既存の製品が使用できるのもメリットの1つだ。セカンダリ用のものはたとえばプライマリがRADEON X850系であればX850やX850XTなどを用いる。

 DFIからはCrossFire対応チップセット「RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition」搭載のマザーも登場した。

photo ATI純正のCrossFireプライマリ用グラフィックスカード「RADEON X850 CrossFire Edition」。入荷当時の価格は5万円台後半

photo RADEON X1000シリーズを搭載する、Sapphire「ATLANTIS RADEON X1800XL 256MB DDR3」。価格は5万台後半

photo 「RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition」搭載のDFI製マザー「LANPARTY UT RDX200 CF-DR」。価格は2万4000円前後

 対応製品のラインアップが増え、CrossFire環境構築において取捨選択が存分にできるようになるまでは人気が出ないだろうというのが、ショップの大方の見方となっている。ただしその時期については11月中から、あるいは年を越してからというコメントまでばらばら。入荷する代理店から具体的な話がないために、完全にショップ店員氏の予想レベルになっている。

 CrossFire導入のきっかけとして、ならではの大型タイトルの登場も望まれる。某ショップは「CrossFireの特徴として3Dアプリケーションを選ばないというメリットもありますが、やはり大型タイトルの登場という相乗効果も欲しいところです。SLIが登場した頃、ちょうど“BULLTE FIRLD 2”の販売が始まったようにです」と話す。

photo 大型タイトルの1つ「QUAKE 4」の海外版はすでに10月末より販売が始まっている。CD/DVD版ともに6000円前後。日本語解説書付きのものもある

 とはいえ、後手のメーカーが不利なのは往々にしてあること。某ショップは「RADEON XシリーズではATIが先手を取ってシェアを伸ばしました。NVIDIAがSLIで巻き返したので、次はATIの番です。RADEON X1800系のテクノロジーは規格上、スペックアップが容易なので、案外すぐに盛り返すかもしれません」と期待を込める。

割安でAthlon 64マシンが組める──DVI/アナログRGB搭載マザーが人気を集める

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう