ニュース
» 2005年12月01日 13時31分 公開

ロジテック、HDD2台+SATA+ストライピング対応の高速外付けHDD

ロジテックは、2台のSerial ATA HDDを内蔵しストライピングにも対応する外付けHDD「Corsair GT」シリーズ4製品を発表した。価格は4万5000円から。

[ITmedia]

 ロジテックは12月1日、2台のSerial ATA HDDを内蔵しストライピングにも対応する外付けHDD「Corsair GT(LHD-SDSA)」シリーズ4製品を発表、12月下旬より発売する。価格は4万5000円から。

photo LHD-SDSAシリーズ

 LHD-SDSAシリーズは、Serial ATA接続に対応する3.5インチ外付けHDDで、2台のSerial ATA HDDを内蔵し、ストライピングによる高速転送に対応する。ストライピング動作時には、同社実測値で100Mバイト/秒を越える高速転送を可能としている。

 自動的に内蔵ファン回転数を制御可能な静音機能を搭載するほか、ドライブ密着型アルミヒートシンクを装備している。

 添付ソフトとして同社製セキュリティソフト「Logitec Secure Projects」が付属、ドライブやファイル単位での暗号化、ID/パスワードの暗号化管理などをサポートする。

 内部Serial ATAポートを拡張スロットに取り出し可能なPCIブラケットが付属。本体サイズは83.4(幅)×242.5(奥行き)×157.6(高さ)ミリ。重量は2.8キロ。対応OSはWindows 2000 Professional(SP3以降)/XP(SP1以降)、MacOS X 10.3以降。

製品名型番容量価格
Corsair GT
(LHD-SDSA)シリーズ
LHD-SD320SA320Gバイト4万5000円
LHD-SD500SA500Gバイト5万7800円
LHD-SD600SA600Gバイト7万1400円
LHD-SD800SA800Gバイト9万7800円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう