ニュース
» 2005年12月12日 15時30分 公開

MCJ・ターボリナックスなど4社、低価格シンクライアントを発売

MCJは、ターボリナックス、きっとエイエスピー、シネックスとの4社共同によるシンクライアントソリューションの開発提携を発表、ホスト/クライアント用PCのセットパッケージを発売する。

[ITmedia]

 MCJは12月12日、ターボリナックス、きっとエイエスピー、シネックスとの4社共同によるシンクライアントソリューションの開発提携を発表、ホスト用ミニタワーPC1基/クライアント用スリムデスクトップPC5基からなるシンクライアントシステムパッケージを12月12日18時より発売する。いずれもBTOによるカスタマイズに対応、価格は52万2900円から(税込み)。

photo シンクライアントシステムパッケージ  ホストPC筐体(左)、クライアントPC筐体(右)

 今回提供されるシンクライアントシステムパッケージは、OSとしてホストPC側にはWindows、クライアントPC側にはTurbo Linuxを採用。アプリケーションをネットワーク越しに一元管理する「GO-Global」の導入によりSBC(Server Based Computing)を実現、クライアント側のTurbo Linux上でWindowsアプリケーションが実行可能となるほか、セキュアなシンクライアント環境を実現している。

 ホストPC側はミニタワー筐体を採用し、CPUにはPentium 4 630(3GHz)を搭載、1Gバイトメモリ、160GバイトHDDを内蔵する。Windowsアプリケーション環境をクライアントPCに提供可能なホスティングツールとなるGO-Globalが導入されている。

 クライアント側PCはCeleron D 335(2.8GHz)、256Mバイトメモリと80GバイトHDDを搭載するスリム筐体モデルで、OSとしてTurbo Linuxをプリインストール。Webブラウザ経由でホストPCにアクセスすることにより、ホストPC側のGO-Globalサーバを経由してWindowsアプリケーションが実行できる仕組みとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう