ニュース
» 2005年12月27日 17時01分 公開

プレクスター、TVキャプチャカード用追加ソフトなどダウンロードサービス2種を発表

プレクスターは、TVキャプチャカード「PX-TV432P/JP」用追加提供ソフト3種類、およびMPEGトランスレートカード「PX-C200P/JP」同梱ソフト用アップグレードサービスの無料提供を発表した。

[ITmedia]

 プレクスターは12月27日、TVキャプチャカード「PX-TV432P/JP」用追加提供ソフト3種類、およびMPEGトランスレートカード「PX-C200P/JP」同梱ソフト用アップグレードサービスの無料提供を発表した。アップデータは同社サイトより無償ダウンロードが可能(PX-TV432P/JP用追加ソフトは2006年1月中旬より提供予定)。

photo PX-TV432P/JP

 PX-TV432P/JPは、PCI接続対応のTVキャプチャーカードで、WIS Technorogy製エンコードチップ「GO7007SB」を搭載、MPEG-1/2およびDivX形式によるハードウェア録画に対応する。

 PX-TV432P/JPに新たに提供となるソフトウェアは、サイバーリンク製DVDオーサリングソフト「PowerProducer3」「PowerDirectorExpress」、DVD視聴ソフト「PowerDVD6」の3製品で、PX-TV432PがセットアップされているPCで利用することができる。

photo PX-C200P/JP

 PX-C200P/JPは、ViXS製MPEGエンコードチップ「Xcode II-L」を搭載するMPEGトランスレートカードで、ハードウェアレベルでのMPEG映像のビットレート/解像度変換を可能とする。

 提供されるアップデータは、PX-C200P/JPに同梱されているUlead製DVDオーサリングソフト「Ulead VideoStudio 8 SE DVD」用で、適用により「VideoStudio 9 SE DVD」への無償アップグレードが行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう