ニュース
» 2006年01月06日 13時47分 公開

2006年PC春モデル:「今年は本当のハイビジョン元年」──日立、大幅強化したハイビジョンPrius Pシリーズ発表

日立製作所は、地デジ対応機種大幅増加/Viiv対応/デザイン性に優れる一体型モデル復活など、2006年PC春モデル「Prius P」シリーズ全4モデル9機種を発表、14日より順次発売する。

[岩城俊介,ITmedia]

 日立製作所は1月6日、2006年PC春モデル「Prius P」シリーズを発表した。1月14日より順次発売する。

 Viiv対応ハイビジョンホームサーバPC「Prius Deck」、地デジチューナー搭載・26インチワイドディスプレイモデルも用意する「Prius Air」、家庭用TVのようなスリムなデザインが特徴のディスプレイ一体型モデル「Prius One」、15インチ液晶搭載のA4サイズノート「Prius Note」の4モデル9機種を用意する。

photo 2006年PC春モデル「Prius P」シリーズ

 2006年は、トリノオリンピックやサッカーワールドカップ開催などによりデジタルハイビジョンの本格普及が見込まれる。日立は、前2005年秋冬モデル発表時に掲げた「ハイビジョン全面展開」(関連記事参照)というテーマとともに、薄型ハイビジョンTV/ハイビジョンブロードバンドPC/ハイビジョンHDD/DVDアプライアンスを「次世代の3種の神器」と位置付けている。また、パーソナル向けソリューションを「Priusワールド」(デジタル家電融合化PC)、リビング向けソリューションを「Woooワールド」(家族で楽しむ大画面ホームシアター)と2つの“ワールド”に分け、それらを同時展開・融合させる、総合電器メーカーならではの利用シチュエーションを提案する。

 上記“Priusワールド”は、主に20インチ以下(大きくても26/32インチ)のディスプレイを使用しブロードバンド経由も含めてコンテンツを楽しむ方法を、“Woooワールド”では32インチ以上/高画質/プラズマで楽しむ方法が想定される。同社はこれら「次世代3種の神器事業」に経営資源を集中させる考えだ。

photo 「今年は、本当のハイビジョン元年だ」日立製作所ユビキタスプラットフォームグループインターネットプラットフォーム事業部開発本部開発部長 林良裕氏

 今回のPrius Pシリーズでは、2005年秋冬モデルでは1機種のみだった地上デジタル放送対応機種を、デスクトップ全モデルに計4機種(7機種中4機種)用意し、地デジモデルのラインアップ強化を図った。地デジ機能そのものは前モデルと大きく変更はないが、ハイビジョン映像処理LSI「BroadGear」、地デジチューナーモジュール、地デジ対応ソフトウェア「PriusNavigation 4」まで、地デジコアコンポーネントすべてを自社技術開発/製造を行うことによる「垂直統合化」した展開、そして地デジ対応モデルを普及価格帯となる20万円台から用意できることを大きな強みとしている。

 ハイエンドシリーズ「Prius Deck」は、リビングルームにおけるホームサーバPC的役割を担うべく、リビングルーム用途にてWoooとの接続も考慮したHDMI端子に加え、前シリーズではなかった地上デジタルチューナー搭載モデルも加わった。

photo Viiv対応+地デジチューナー+Pentium D 920搭載の「Prius Deck DH75P2」

 Prius Deckシリーズよりややパーソナル向けに設定される「Prius Air」シリーズは、2モデルとも地デジチューナーを搭載し、やや大型の26インチワイドディスプレイ付属モデルと、完全なパーソナル用途に適する17インチディスプレイ付属モデルを用意する。

photo 地デジチューナー+17インチディスプレイモデルの「Prius Air AR37P」

 ディスプレイ一体型のPrius Oneシリーズは、2005年夏モデルまで用意されていた「Prius Air One」シリーズの後継モデルとして本体デザインを一新し、デジタル放送をプライベートに楽しむ“ハイビジョンテレパソ”というテーマで展開するものとなる。

photo 地デジチューナー+20インチ液晶一体型の「Prius One AW37P」

 まるで家庭用液晶TVのようなそのデザインは、一体型テレパソでは最薄クラスとなる奥行き19.8ミリの実現や、スロットイン式光学ドライブや端子類をフロントアクセス可能な設計としたほか、「端子類が丸見えなのは、はっきり言って美しくない」(同社デザイン本部ホームソリューションデザイン部 須曽氏)から背面デザインと一体化したカバーを備えるなど、パーソナル向けだからこその使いやすさと見た目のこだわりを注いだものとなっている。ホワイト筐体の17インチディスプレイモデルには、シーン別に使い分けができ、パネル保護の役割も果たすマグネット着脱式のラスターパネルを搭載する。

photo 本体背面はこのようにいわゆるPC然としておらず、端子類はできるだけ隠す筐体デザインと一体化されたカバーが備わる

 CMキャラクターには引き続き伊東美咲さんを起用、1月21日よりテレビCMのオンエアを開始する。また、次世代ドライブとなるBlu-Ray Diskドライブ搭載モデルも次期モデル以降での採用を示唆した。今回のPrius Pシリーズ全体で総計5万台の出荷を目標としている。

photo 伊東美咲さんによる新テレビCMは1月21日より放送が開始される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう