ニュース
» 2006年01月13日 15時42分 公開

パソコン工房ブランドからBTO対応3Dゲームモデルデスクトップ「Amphis GS500」

アロシステムは、パソコン工房ブランドよりミニタワー筐体採用の3Dゲーム向きデスクトップPC「Amphis GS500」を発表した。BTOによるカスタマイズに対応、価格は8万9980円から。

[ITmedia]

 PCパーツショップ「パソコン工房」「ツートップ」「フェイス」を経営するアロシステムは1月13日、パソコン工房ブランドからBTO対応のミニタワー筐体採用デスクトップPC「Amphis GS500」を発表、同社通販サイトにて発売を開始した。価格は最小構成例で8万9980円から(税込み)。

photo Amphis GS500

 Amphis GS500は、3Dゲームプレイを前提とした設計のデスクトップPCで、標準構成でPentium 4 630(3GHz)とGeForce 6600/256Mバイト搭載製品を搭載。カスタマイズにより、CPUをPentium 4 650(3.4GHz)/660(3.6GHz)、グラフィックスカードを7800GTX/256Mバイト搭載製品などのハイエンド構成とすることも可能となっている。

 搭載メモリは512Mバイト〜4Gバイト、HDDはSerial ATA 200Gバイト〜400Gバイト(最大2基)、光学ドライブは2層DVD±R対応スーパーマルチドライブを内蔵する。電源ユニットには標準でAcBEL製350ワット電源を搭載するほか、400ワット電源/超静音550ワット電源の搭載にも対応している。

 Amphis GS500の主な仕様は以下の通り。

製品名Amphis GS500(最小構成例)BTOメニュー
OSWindows XP Home Edition SP2Windows XP Professional SP2/なし
CPUPentium4 630(3GHz)Pentium4 650(3.4GHz)/
Pentium4 660(3.6GHz)
マザーボードIntel 915G Express チップセット搭載製品
メモリ容量PC2-4300 DDR2 SDRAM 512Mバイト(256Mバイト×2)PC2-4300 DDR2 SDRAM 1Gバイト(512Mバイト×2)/
2Gバイト(1Gバイト×2)/
4Gバイト(1Gバイト×4)
HDD容量Serial ATA 200GバイトSerial ATA 200Gバイト×2/
250Gバイト/250Gバイト×2/
400Gバイト/400Gバイト×2
光学ドライブ2層DVD±R対応スーパーマルチ
グラフィックスGeForce 6600/256Mバイト搭載製品GeForce 7800GT 256Mバイト搭載製品/
GeForce 7800GTX 256Mバイト搭載製品/
RADEON X850XT 256Mバイト搭載製品
サウンドオンボード(Intel HD Audio)
通信1000BASE-T
搭載インタフェースUSB2.0×6、シリアル×1、パラレル×1、PS/2×2、マイク入力、ライン出力、
電源AcBEL製 350ワット電源AcBEL製 400ワット電源/550ワット超静音電源
本体サイズ180(幅)×430(奥行き)×360(高さ)ミリ
価格(税込み)8万9980円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう