ニュース
» 2006年01月17日 13時49分 公開

デル、高性能WS「Dell Precision Workstation 380」対応CPUにPentium XE 955/Pentium D 950を追加

デルは、高性能WS「Dell Precision Workstation 380」の対応CPUとして、Pentium XE 955/Pentium D 950の採用を発表した。

[ITmedia]

 デルは1月17日、同社製高性能WS「Dell Precision Workstation 380」の対応CPUとして、Pentium Extreme Edition 955/Pentium D 950の採用を発表した。

photo Dell Precision Workstation 380

 Dell Precision Workstation 380は2005年5月に発売されたデスクトップWSで、マザーボードにはIntel 955X Expressチップセット搭載製品を採用、CPUとして新たにPentium D 950(3.4GHz)、およびPentium Extreme Edition 955(3.46GHz)の2製品を搭載可能としている(Pentium XE 955搭載時には、マザーボードはIntel 975X Expressチップセット搭載製品となる)。

 メモリはPC2-5300/4300 DDR2 SDRAMを最大4Gバイト利用可能。HDDは最大4基搭載でき、RAID-0/1/5/10構成にも対応する。

 Dell Precision Workstation 380のPentium D 950/Pentium Extreme Edition 955搭載モデル構成例と価格は以下の通り。

製品名Dell Precision Workstation 380
CPUPentium D 950(3.4GHz)Pentium Extreme Edition 955(3.46GHz)
マザーボードIntel 955X Expressチップセット搭載製品Intel 975X Expressチップセット搭載製品
メモリDDR2 SDRAM 512MバイトDDR2 SDRAM 4Gバイト
HDDSerial ATA II 80GバイトSerial ATA II 160Gバイト
光学ドライブCD-ROMDVDコンボドライブ
サウンドオンボード(AC'97準拠)
グラフィックスNVIDIA Quadoro NVS 285/64Mバイト搭載製品NVIDIA Quadoro FX 4500/512Mバイト搭載製品
通信10/100/1000BASE-T
OSWindows XP Professional SP2
価格(税込み)30万8175円61万7925円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう