ニュース
» 2006年02月08日 16時45分 公開

キヤノン、毎分35枚のA3対応モデルなどモノクロレーザー6機種を投入

キヤノンは、レーザープリンタ「Satera」シリーズのラインアップを拡充する新機種6モデルを投入した。2月中旬より順次発売される。

[ITmedia]

 キヤノンは2月8日、レーザープリンタ「Satera」シリーズのラインアップを拡充する新製品を投入した。内訳は、A4対応モデル「LBP3300」、A3対応モデル「LBP3500/LBP3900/LBP3950」、複合機「MF3220/MF5770」の全6機種。価格と発売日は以下の通り。

製品名価格発売日
Satera LBP3300オープン3月上旬
Satera LBP35007万9800円3月上旬
Satera LBP390012万8000円2月下旬
Satera LBP395014万8000円2月下旬
Satera MF32204万9800円2月中旬
Satera MF577011万8000円2月中旬
Satera LBP3300

 A4対応モデルのLBP3300は、新たに自動両面ユニットを標準装備したのが特徴。また、従来モデルのLBP3210と比べて、ファーストプリントが10秒から9秒へ、印字速度が20枚/分から21枚/分とさらに高速化したほか、最大500枚の給紙が可能になっている。ランニングコストは、3.7円/枚〜(トナーによって異なる)。実売予想価格は3万円前後。

Satera LBP3950

 A3対応モデルでは、LBP3950が35枚/分、LBP3900とLBP3500が25枚/分(いずれもA4ヨコ時)の印字速度を実現したほか、LBP3500はシリーズ最速となるファーストプリント8.5秒以下を達成。また、幅210.0〜297.0ミリ、長さ148.0〜431.8ミリのフリーサイズの用紙にも対応した。

 一方、上位2機種ではプリント解像度が最大2400dpi相当×600dpiとなり、True1200dpi×1200dpiモードが省かれた。また、最大給紙枚数も従来モデルの1100枚から800枚へと減少している。なお、LBPシリーズ共通の特徴として、オンデマンド定着方式によるウォームアップ0秒は従来通りだ。ランニングコストはいずれも2.9円/枚〜。実売予想価格はLBP3500が5万5000円前後、LBP3900が10万5000円前後、LBP3950が11万8000円前後。

 MF5770はプリンタ/コピー/ファックス/カラースキャナーの4機能を、MF3220はプリンタ/コピー/カラースキャナーの3機能を備えたモノクロレーザー複合機。MF5770は有線LANポートを標準で搭載する(スキャナー機能の共有は非対応)。本体サイズは、MF5770が486(幅)×477(奥行き)×442(高さ)ミリ、MF3220は449(幅)×487(奥行き)×369(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう