ニュース
» 2006年04月01日 00時00分 公開

週末アキバPick UP!:好景気な年度末のアキバ──50万円超のQuad SLIマシンや7900 GTXが予想外に売れている (2/4)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

MSIに続くのはASUSかAOpenか──CoreDuo対応マザーの超品薄状態は今週も継続中

 CoreDuo対応マザーは、先週末にMSI「945GT Speedster Plus」がごく少数出回り出し、土曜日の午前中にはアキバ中ですべて売り切れた。土曜の開店前に行列ができたT-ZONE.PC DIY SHOPは「入荷が2枚だけだったので、並んでいただいた全員に行き渡りませんでした。次回入荷の目処も立っていないのですが、問い合わせは今も殺到しています」と品薄状態のジレンマを語る。

 さて、今週末はアキバでCoreDuo対応マザーを入手するのはほぼ不可能な状況だ。ただしベアボーンキットであればごく少数だが発売しているショップは多く、購入できるチャンスはある。

 BLESS秋葉原本店は、今週初めに1280×800ドット表示対応12.1インチワイド液晶搭載のノートベアボーン、MSI「MS-1057(関連記事参照)の発売を開始している。価格は10万4800円。調査当日の金曜時点も数台の在庫が確認できた。同ショップは「Intel Core Duoが使える製品は、出せば即売り切れるという状態です。ベアボーンキットなので多少ユーザー傾向は異なりますが、それでも日曜日まで残っている可能性は低いでしょう」と話す。

photo 今週販売が始まったMSI「MS-1057」(写真=左)。ツートップ秋葉原本店は「MS-1057」をベースとしたショップブランドPC「ViP Note-NY D2520/DVRAM/CV」を販売している(写真=右)。価格は16万2540円

photo ASUS「N4L-VM DH」。CPU周りにアタッチメントがなく、独自形状のクーラーを搭載する

 なおツートップ秋葉原本店では、Intel 945GMを搭載するIntel Core Duo対応マザー、ASUS「N4L-VM DH」の展示デモを行っている。価格は2万1000円から2万6000円程度になる見込みで、早ければ4月上旬には入荷されるようだ。ただし「MSIやAOpenの例もありますので、確実ではありません。気長に待ちましょう」とのこと。

 Intel Core Duo対応マザー全体の遅れについて某ショップは「チップセットの生産は順調なようなのです。しかしマザーメーカー側の検証に時間がかかっているようで、それだけ基板の製造も遅れている。これが原因のようです」という。このため4月中旬頃になると予想される再入荷時には、アキバ中どこを探しても見つからないような品薄状態にはならず、そこそこ潤沢に入荷されるのではとも思われる。ちょっと余裕を持って気長に待ちたいところだ。


製品MSI「MS-1057」
入荷ショップ
BLESS秋葉原本店 10万4800円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう