ニュース
» 2006年04月05日 19時44分 公開

センチュリー、4基のHDDを内蔵可能な「ドライブドアテラボックス」の新モデル

センチュリーは、3.5インチHDD4基を搭載できる外付けHDDケース「ドライブドア」シリーズ新モデル「ドライブドア テラボックスII」を発売する。価格は1万8800円前後。

[ITmedia]

 センチュリーはこのほど、3.5インチHDD4基を搭載できる外付けHDDケース「ドライブドア」シリーズ新モデル「ドライブドア テラボックスII」を発表、4月上旬より発売する。スーパーホワイトカラーの「EX35CW4」、スーパーブラックカラーの「EX35CB4」の2モデルを用意。同社直販サイト「センチュリーダイレクト」価格は1万8800円(税込み)。

photo EX35CW4(左)、内部構造(右) HDDはコネクタ部を前面に配置しており、フロントドアから直接アクセスできる

 EX35CW4およびEX35CB4は、従来モデルのUSB2.0外付けHDDケース「ドライブドア テラボックス」の改良モデルとなる製品で、電源ユニットを150ワットとしたほか、ケース表面のスチールカバーにキズなどがつきにくい特殊加工を施した。

 基本仕様については同様で、IDE HDD計4台を搭載可能。それぞれ個別での認識のほか、複数HDDを合計して認識できるコンバインモードも利用できる。また、オプションのSerial ATA−IDE変換基板を用いることで、Serial ATA HDDも搭載可能となっている。

 本体サイズは135(幅)×255(奥行き)×180(高さ)ミリ、重量は約2.7キロ(ドライブ含まず)。対応OSはWindows 2000 Professional/XP、MacOS X 10.3以降(2基+2基/1基+3基構成のコンバインモードはMac未対応)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう