ニュース
» 2006年04月08日 00時00分 公開

週末アキバPick UP!:「このぶんだと週明けまで残るかは微妙……」だが、そこそこ多く入荷したAOpen製Core Duoマザー (1/4)

アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「AOpenも登場」「“ぐっ”と来る光りモノ」「ニッチに対応してこそアキバ」「イオシス&ワンネスで週末セール」だ!

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

意外と多く入荷──CrossFire構築も可能なCore Duo対応マザー「i975Xa-YDG」が登場

photo

 調査当日の金曜、アキバ複数のショップにAOpen製Intel Core Duo対応マザー「i975Xa-YDG」が入荷した。価格は3万7000円前後。10枚以上も入荷したショップも多く、週末の早い時間なら入手できる可能性は高そうだ。

 i975Xa-YDGはIntel 975X+ICH7チップセットを採用するIntel Core Duo対応のATXマザー。AOpenが3製品用意する同CPU対応マザーのうち、最上位にラインアップされる。PCI Express x16を2基備え、CrossFireを構築可能なハイエンド志向の構成が特徴となっている。ほかPCI Express x1を1基、PCIを2基を実装する。


photophoto PCI Express x16を2基搭載する。なおi975Xa-YDGは週末の土曜日から販売を開始するショップもある

 入荷したT-ZONE.PC DIY SHOPは「10枚以上入荷しましたが、入荷早々数枚売れたほどです。このぶんだと週明けまで残っているかは微妙……ですね。Intel Core Duoをベースに組むユーザーは、高性能と静音性を同時に追求するような贅沢なユーザーが多いです。絶対に欲しいと思う人が多いのに、まだちょっと絶対数が少ない傾向なのが残念です。多少高くてもいいのでもう少し数があればと思うところです」と話す。

 Intel Core Duo対応マザーはこのi975Xa-YDG以外にも、先々週に登場したMSI「945GT Speedster Plus」や、今週の水曜日に出回ったASUS「N4L-VM DH」などが登場しているが、これらもごく少数が再入荷され、即日完売という状況が続いている。

photophoto Intel 945GM搭載のmicroATXマザー、ASUS「N4L-VM DH」も今週、急遽入荷したショップが多かった。2万1000円前後で販売が開始されたが、金曜日にはすでにほとんど売り切れてしまっていた

 なお、CPUそのものの売れ行きについては特別に大きな動きはない。パソコンショップ・アークは「Intel Core Duoを求めるユーザーは、既存の静音志向ユーザーとはちょっと異なるようです。無音まで目指すならVIAのEden、ハイパワーを求めるならTurion 64と棲み分けができていますが、Intel Core Duoの購入層はさらにその上のハイスペックを求めているようです。Pentium M支持層を核にしていますね」と話す。

 今後、Intel Core Duo対応のデスクトップPC用マザーが潤沢に出回るようになっても、モバイル系CPU勢力図はPentium Mが同CPUに切り替わるだけで大きな変化はないかもという声が大半を占めている。

製品AOpen「i975Xa-YDG」
入荷ショップ
クレバリー1号店 3万5673円(土曜日から販売)
T-ZONE.PC DIY SHOP 3万5800円(土曜日から発売/CPUとセット販売)
俺コンハウス 3万5800円
パソコンショップ・アーク 3万6480円

製品ASUS「N4L-VM DH」
入荷ショップ
T-ZONE.PC DIY SHOP 2万1480円(土曜日から発売/CPUとセット販売)
フェイス秋葉原本店 2万1770円(売り切れ)
BLESS秋葉原本店 2万1800円(売り切れ)
ドスパラ秋葉原本店 2万2980円(売り切れ)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう