ニュース
» 2006年04月12日 15時00分 公開

2006年PC夏モデル:新コンセプト「ボードPC」が登場したVAIOデスクトップPC2006年夏モデル発表

ソニーマーケティングは4月12日にVAIOデスクトップPCシリーズの2006年夏モデルを発表した。従来からある「VAIO type V」「VAIO type H」に加えて、新しいラインアップとなる「VAIO type L」が注目される。

[ITmedia]

 2006年夏モデルとして今回発表されたVAIOのデスクトップPCは店頭モデルとして「VAIO type L」「VAIO type H」「VAIO type V」3シリーズ13モデル、このほかにVAIOオーナーメードモデルが用意される。このうちVAIO type Lはソニーが「ボードPC」と呼ぶコンセプトを掲げるデザイン重視の新しいシリーズだ。今回発表された夏モデルの出荷は4月22日から順次開始される予定。

“ボードPC”という薄い液晶一体型「VAIO type L」

 VAIO type Lは19インチワイド液晶ディスプレイを搭載した上位シリーズと15.4インチワイド液晶ディスプレイを搭載したエントリーシリーズの2つのラインアップが用意されている。それぞれはデザインや形態が異なるため、VAIO type Lは2つのシリーズで構成されると考えてもいい。

VAIO type Lの19インチワイド液晶ディスプレイ搭載モデル

VAIO type Lの15.4インチワイド液晶ディスプレイ搭載モデル

 19インチワイド液晶ディスプレイを搭載したシリーズは店頭モデルで「VGC-LA70B」「VGC-LA50B」「VGC-LA50」の3モデルが、15.4インチワイド液晶ディスプレイを搭載したシリーズは店頭モデルで「VGC-LB50B」「VGC-LB50」の2モデル(ただし両者の違いはMicrosoft Officeの有無のみ)が用意される。

 どちらも液晶ディスプレイと一体型の本体にはポリカーボネートの透明パネルを前面に組み合わせたデザインが施されている。19インチワイド液晶ディスプレイを搭載する「LA」シリーズはキーボードとマウスがワイヤレス接続であるため、設置されている姿はソニーが「ボードPC」と呼ぶのに相応しい「板」のような雰囲気になる。

 15.4インチワイド液晶ディスプレイを搭載した「LB」シリーズはVAIO type Mのようにキーボードユニットを本体に折りたたむ形式を採用している。「LA」「LB」ともに本体部分が薄く、奥行きはLAシリーズで190ミリ、LBタイプで160ミリとノートPCよりも短い(どちらも本体最小傾斜時の値)。

 LAシリーズは地上アナログ対応チューナーを搭載してTVの視聴と録画に対応するが、LBシリーズはTV機能を持たない。LBシリーズでは「TVはリビングにある大画面テレビで見る」「VAIO type LでTVを利用するときはロケーションフリーと組み合わせる」という使い方をソニーは勧めている。LAシリーズではTVの「ながら見」に特化したソフト「VAIO インフォ TV」を導入。サイドに配置した子画面やテレビ王国と連動した番組情報表示機能、Yahoo!と連動した簡単検索機能をサポートしている。

 LBシリーズはVAIOオーナーメードモデルで「シルバー」「ホワイト」「ロゼ」のカラーバリエーションを用意。重さ4.5キロでバッテリー駆動2時間可能と使う場所を選ばない。

 VAIOオーナーメードモデルでは上記のカラーバリエーション以外にCPUとメモリ、HDD、Microsoft Officeの有無を選択できる。メモリは店頭モデルより多い1Gバイト、HDDも300Gバイトの選択肢が用意されている。

型番VGC-LA70BVGC-LA50BVGC-LA50
CPUIntel Core Duo T2300(1.66GHz)Celeron M 420(1.60GHz)
メモリDDR2-533MHz/512Mバイト(2Gバイト)
HDD200Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
グラフィックIntel 945GM
ネットワーク100BASE-TX/10BASE-T ×1
TVチューナーアナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2エンコードカード
主なスロットTypeIIPCカード、SDメモリーカード、メモリースティック、ExpressCard/54×1
主なインタフェースUSB 2.0×4、I.LINK、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅532×高さ357×奥行189ミリ(本体最小傾斜時)
重さ6.8キロ
ディスプレイ19インチワイド(1680×1050ドット)
実売予想価格約25万円約22万円約20万円
出荷日4月22日

型番VGC-LB50BVGC-LB50
CPUCeleron M 420(1.60GHz)
メモリDDR2-533MHz/512Mバイト(2Gバイト)
HDD80Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
グラフィックIntel 940GML
ネットワーク100BASE-TX/10BASE-T ×1
TVチューナー
主なスロットTypeIIPCカード、SDメモリーカード、メモリースティック、ExpressCard/54×1
主なインタフェースUSB 2.0×4、I.LINK、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅470.2×高さ286.4×奥行159.1ミリ(本体最小傾斜・キーボード収納時)
重さ4.5キロ
ディスプレイ15.4インチワイド(1280×800ドット)
実売予想価格約18万円約16万円
出荷日4月22日

地デジのムーブに対応する(予定の)「VAIO type H」と大画面モデルに集約された「VAIO type V」

 VAIO type Hは店頭モデルとして「VGC-H73DB2R」「VGC-H73B7」「VGC-H73B7」「VGC-H53B7」「VGC-H33B7」「VGC-H23L7」の5モデルが登場する。

VAIO type H

 「VGC-H73DB2R」は地上デジタルチューナーを搭載し、最大解像度1680×1050ドット表示の20インチ液晶ディスプレイ(クリアブラック液晶)がセットになる。録画した地上デジタル番組は後日予定されているデジタル放送視聴録画ソフト「Station TV Digital Ver.3.0」のアップデートプログラムを適用後にDVD-RW、DVD-RAMへのCPRMムーブに対応する。「VGC-H73B7」「VGC-H73B7」は地上アナログチューナーを2セット搭載し同時録画に対応。また、「VGC-H73DB2R」「VGC-H73B7」はハイビジョン画像の編集にも対応する。

型番VGC-H73DB2RVGC-H73B7VGC-H53B7VGC-H33B7VGC-H23L7
CPUPentium D 920Celeron D 355
メモリDDR2-533MHz/1Gバイト(1Gバイト)DDR2-533MHz/512Mバイト(1Gバイト)DDR2-400MHz/512Mバイト(1Gバイト)
HDD400Gバイト300Gバイト250Gバイト160Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
グラフィックIntel 945G
ネットワーク100BASE-TX/10BASE-T
TVチューナーダブルチューナー搭載ハードウェアMPEG-2エンコードカード、デジタルチューナー(BS/110度CS/地上)+アナログ(ディスプレイ側)ダブルチューナー搭載ハードウェアMPEG-2エンコードカードアナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2エンコードカード
主なスロットTypeIIPCカード、CFカード、SDカード、メモリースティック、xDカード
主なインタフェースUSB 2.0×6、I.LINK×2、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅100×高さ308×奥行き415ミリ
重さ9.0キロ8.8キロ
ディスプレイ20インチワイド(1680×1050ドット)17インチ(1280×1024ドット)
実売予想価格約33万円約23万円約20万円約19万円約16万円
出荷日4月22日

 VAIO type Vのラインアップは20インチワイド液晶ディスプレイ搭載モデルに集約された。店頭モデルとして登場するのは「VGC-VA202DB」「VGC-VA202RB」「VGC-VA202B」の3製品。

VAIO type V

 VGC-VA202DBは地上デジタル放送に対応しハイビジョン画像の編集も可能。VGC-VA202DBとVGC-VA202RBはCPUを従来のハイエンド、ミドルレンジモデルのPentium 4 640からPentium 4 641(動作クロック3.20GHz)に変更している。

型番VGC-VA202DBVGC-VA202RBVGC-VA202B
CPUPentium 4 641(3.20GHz)Celeron D 351(3.20GHz)
メモリDDR2-533MHz/1Gバイト(1Gバイト)DDR2-533MHz/512Mバイト(1Gバイト)
HDD250Gバイト×2200Gバイト×2
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
グラフィックMOBILITY RADEON X700 HypermemoryRADEON XPRESS 200M
ネットワーク100BASE-TX/10BASE-T
TVチューナーデジタル放送対応チューナー+アナログチューナー×2搭載ハードウェアMPEG-2エンコードカードアナログチューナー×2搭載ハードウェアMPEG-2エンコードカード
主なスロットTypeIIPCカード、CFカード、SDメモリーカード、メモリースティック、xDピクチャーカード
主なインタフェースUSB 2.0×4、I.LINK、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅571×高さ444×奥行き256ミリ
重さ16.3キロ
ディスプレイ20インチワイド(1366×768ドット)
実売予想価格約32万円約25万円約22万円
出荷日4月22日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう