ニュース
» 2006年04月12日 15時00分 公開

2006年PC夏モデル:「白より白いF」と「4色+1色カラーのF」に注目するVAIOノート2006年夏モデル発表

ソニーマーケティングはVAIOの2006年夏モデルのノートPCラインアップを発表した。今回発表されたのは従来からある「VAIO type F」「VAIO type F TV」「VAIO type F light」「VAIO type S」のパワーアップバージョンとなる。

[ITmedia]

 2006年夏モデルとして発表されたVAIOノートPC店頭モデルは「VAIO type F」「VAIO type F TV」「VAIO type F light」「VAIO type S」の4シリーズ(もしくは「VAIO type Fファミリー」「VAIO type S」の2シリーズ)12モデル。

 このうちVAIO type F lightの5モデルはカラーバリエーションとMicrosoft Officeの有無の違いのみなのでスペック構成では実質1モデルとなる。出荷開始はVAIO type SとVAIO type F TVの最上位モデルが5月13日、VAIO type Fが4月27日、そのほかのモデルが4月22日の予定。

新デザインになった「VAIO type F」

 「A4ノートのスタンダードモデル」とソニーが位置付けるVAIO type Fはターゲットユーザーを従来と同じPC初心者から中級者に設定しているが、そのユーザー層が重視する「デザイン」「高画質高音質」を取り入れつつ最新のCentrino Duoを採用した新デザインのVAIO type Fを新たに投入する。

VAIO type F

 今回登場するのは「VGN-FE50B」「VGN-FE30B」「VGN-FE20」の店頭モデル3種類とVAIOオーナーメートモデル。そして、ビジネスパーソナルモデル2製品も用意される。

 パールホワイトを取り入れた新筐体にVAIO type F TVで採用されている高輝度のクリアブラックピュアカラー15.4インチワイド液晶ディスプレイとSoundRealityを組み込んで高画質高音質を実現。最上位モデルのVGN-FE50BではCPUにIntel Core Solo T1300(動作クロック1.66GHz)を搭載。そのほかのモデルもIntel 945GMチップセットにExpressCard/54スロットなど最新のアークテクチャを採用している。

 VAIOオーナーメードモデルでは店頭モデルにない「Intel Core Duo T2600」(動作クロック2.16GHz)「Intel Core Duo T2400」(同1.83GHz)といったデュアルコアCPUや「GeForce Go 7600」といった高性能GPUも選択できる。

型番VGN-FE50BVGN-FE30BVGN-FE20
CPUIntel Core Solo T1300(1.66GHz)Celeron M 420(1.60GHz)
メモリDDR2-533MHz/512Mバイト(最大2Gバイト
HDD100Gバイト80Gバイト60Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックスIntel 945GM
無線LANIEEE 802.11a/b/gIEEE 802.11b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック、SDメモリーカード兼スマートメディア対応カードアダプタ
主なインタフェースUSB 2.0×3、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅366×厚さ26.0〜35.3×奥行274.5ミリ
重さ約2.8キロ
ディスプレイ15.4インチ (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間約3.5時間約1.5時間約2時間
実売予想価格約20万円約17万円約14万5000円
発売予定日4月27日

 VAIO type F TVは店頭モデルとして「VGN-FT51B」「VGN-FT31B」が登場する。上位モデルのVGN-FT51Bではメモリ容量が1Gバイトに強化され、下位モデルVGN-FT31BはVAIO type F TVシリーズでは初めてCeleron Mを搭載する。

 VAIO type F TVのVAIOオーナーメードモデルでも「Intel Core Duo T2600」(動作クロック2.16GHz)「Intel Core Duo T2400」(同1.83GHz)といったデュアルコアCPUやメインメモリ容量が2Gバイトといった店頭モデルにない強力なスペックを選択できる。

VAIO type F TV

型番VGN-FT51BVGN-FT31B
CPUIntel Core Duo T2300(1.66GHz)Celeron M 420(1.60GHz)
メモリDDR2-533MHz/1Gバイト( 最大2Gバイト)DDR2-533MHz/512Mバイト( 最大2Gバイト)
HDD160Gバイト100Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックスIntel 945GM
無線LANIEEE 802.11a/b/gIEEE 802.11b/g
スロットPCカードTypeII、ExpressCard、メモリースティック、SDカード
主なインタフェースUSB 2.0×3、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅368.4×厚さ30〜37.5×奥行272.8ミリ
重さ2.9キロ
ディスプレイ15.4インチワイド (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間バッテリーパック(S)搭載時約3.5時間バッテリーパック(S)搭載時約1.5時間
実売予想価格約23万円約20万円
発売予定日5月13日4月22日

 VAIO type F lightは店頭モデルに色違いの「VGN-FJ21B/R」「VGN-FJ21B/L」「VGN-FJ21B/G」「VGN-FJ11B/W」と「VGN-FJ11B/W」からMicrosoft Officeを省いた「VGN-FJ11/W」の5モデルが投入される。

 すべてハードウェアスペックは同じでCPUはCeleron M 370(動作クロック1.50GHz)、メインメモリ容量は512Mバイト、内蔵する光学ドライブはDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブと従来のVAIO type F lightから強化されている。

 VAIOオーナーメードモデルではカラーバリエーションにアメジストバイオレットが追加され、キーボードも英字配列のブラックユニットが選択できる。

VAIO type F lightのカラーバリエーション。左上から右にホワイト、スカイブルー、オリーブグリーン、ラズベリーレッド。右下にあるのはVAIOオーナーメードモデル限定のアメジストパイオレット

型番VGN-FJ21B/R、L、GVGN-FJ11B/WVGN-FJ11/W
CPUCeleron M 370
メモリDDR2-400MHz/512Mバイト( 最大2Gバイト)
HDD60Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックスIntel 915GM
無線LANIEEE 802.11b/g
スロットPCカードTypeII、メモリースティック
主なインタフェースUSB 2.0×2、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅340×厚さ21.0〜33.0×奥行253.5ミリ
重さ2.4キロ
ディスプレイ14.1インチワイド (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間約2時間
実売予想価格約15万円約14万5000円約12万5000円
発売予定日4月22日

“SZ”に集約されたVAIO type S

 VAIO type Sは従来のハイエンドシリーズの位置付けだったVAIO type S (SZシリーズ)とエントリークラスのVAIO type Sという2つのラインアップが用意されていたが、夏モデルからエントリークラスのラインアップはなくなり、SZシリーズがそのままVAIO type Sと呼ばれるようになる。

VAIO type S

 店頭モデルは「VGN-SZ71B/B」「VGN-SZ51B/B」の2モデルが登場。上位モデルのVGN-SZ71B/BはIntel Core Duo T2300(動作クロック1.66GHz)を、下位モデルのVGN-SZ51B/BもIntel Core Solo T1300(同じく1.66GHz)を搭載し、Intel 945GMチップセット、Intel PRO/Wireless 3945ABG無線LANコントローラといった新世代Centrinoを採用している。

 また、グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel 950 GMAに加えて外付けのGeForce Go 7400 with TurboCacheを搭載、従来のSZシリーズと同様に本体側のスイッチを切り替えることで省電力優先時はIntel 950 GMAを、3D性能を優先させるときはGeForce Go 7400を有効にする機能を有している。

 VAIOオーナーメードモデルでは従来と同じく、筐体パネルにカーボン線維素材を採用した「プレミアムカーボン」、英語配列キーボードモデルが用意されるほか、店頭モデルにはないIntel Core Duo T2600(動作クロック2.16GHz)、Intel Core Duo T2400(同じく1.83GHz)、Celeron M 420(同じく1.60GHz)、メモリ容量2Gバイト、HDD容量120Gバイトといった強力な選択肢が用意される。

型番VGN-SZ71B/BVGN-SZ51B/B
CPUIntel Core Duo T2300(1.66GHz)Intel Core Solo T1300(1.66GHz)
メモリDDR2-400MHz/512Mバイト( 最大2Gバイト)
HDD100Gバイト80Gバイト
ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックスIntel 945GM
無線LANIEEE 802.11a/b/g
スロットPCカードTypeII、ExpressCard、メモリースティック Duo、メモリースティック/SDメモリーカード/xDピクチャーカード/MMC対応カードアダプタ
主なインタフェースUSB 2.0×2、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅315×厚さ25.7〜37.1×奥行234.5ミリ
重さ1.85キロ
ディスプレイ13.3インチワイド (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間約6時間
実売予想価格約23万円約21万円
発売予定日5月13日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう