ニュース
» 2006年04月24日 12時37分 公開

イーレッツ、既存の家庭用電話をSkypeフォンにできるSkypeアダプタ「すかい楽」

イーレッツは、家庭用電話をUSBフォン化することで、IP電話ソフト「Skype」を利用可能とするSkypeアダプタ「すかい楽」を発売する。家庭用回線とSkypeの併用にも対応。価格は9450円前後。

[ITmedia]
photo すかい楽

 イーレッツは4月24日、家庭用電話をUSBフォン化することで、IP電話ソフト「Skype」を利用可能とするSkypeアダプタ「すかい楽(SK-ADP)」を発表、4月25日より発売する。価格はオープン、同社直販サイト「イーレッツダイレクト」販売価格は9450円(税込み)。

 すかい楽は、一般家庭用の電話機をIP電話ソフト「Skype」でも利用可能とするアダプタ。電話接続用モジュラーケーブル間にアダプタを接続することで、一般電話/スカイプの着発信を1台の電話機で行なえる。

 使用する電話機の機種を選ばないため、既存のコードレス機や多機能電話機などもそのまま利用も可能。スカイプを利用した発信は「短縮ダイヤルの割り当て」機能を利用することにより、PCを利用しなくとも電話機単体で発信を行なうことができる。

 インタフェースはモジュラーケーブル入出力接続用のRJ-11/R-11ポートがそれぞれ1ポート、およびPC接続用のUSBポート1基を装備。電源はUSBバスパワーによる受電となる。本体サイズは88(幅)×131(奥行き)×30(高さ)ミリ(突起含まず)、重量は135グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう