ニュース
» 2006年04月25日 18時14分 公開

インタービデオ、UPnPクライアント/サーバ機能搭載のメディアセンターソフト「WinDVD Media Center」

インタービデオジャパンは、ホームネットワーク内コンテンツをシームレスに利用可能なクライアント/サーバ機能を備えるネットワーク対応メディアプレーヤー「WinDVD Media Center」を発売する。

[ITmedia]
photo WinDVD Media Center

 インタービデオジャパンは4月25日、ホームネットワーク内コンテンツをシームレスに利用可能なネットワーク対応メディアプレーヤー「WinDVD Media Center」を発表した。発売日はダウンロード版が本日、パッケージ版が6月2日。価格はダウンロード版が4935円(税込み、以下同)、パッケージ版が7329円。

 WinDVD Media Centerは、UPnPクライアント/サーバ機能を備える統合型メディアプレーヤーで、DVD-Video/Audio CDなどのディスクメディア再生のほか、LANネットワーク内の各種デジタルコンテンツをシームレスに扱うことができる。

 利用可能なモードは計5種。DVD-Video再生用の「DVDメニュー」、各種画像ファイルのブラウズと再生が可能な「ビデオメニュー」、デジカメ画像などのブラウズと検索/編集を行なえる「ピクチャーメニュー」、音楽ファイルの検索と再生、Audio CDのリッピングを実行できる「ミュージックメニュー」の4種の視聴モードのほか、WinDVD Media CenterをインストールしたPCをサーバとして利用するでLAN内のUPnP対応クライアント機器から共有ファイルのブラウズとコンテンツ操作を行なえる「メディアサーバー」機能が利用できる。

 対応OSはWindows XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう