ニュース
» 2006年05月08日 17時58分 公開

カノープス、H/Wエンコーダ搭載のPCカード型キャプチャーユニット

カノープスは、CardBus接続対応のノートPC向けTVキャプチャーカード「MTVX2006Mobile」を発表した。ハードウェアエンコードに対応するほか、3次元Y/C分離回路などの各種高画質化機能を装備する。

[ITmedia]
photo MTVX2006Mobile

 カノープスは5月8日、CardBus接続対応のノートPC向けTVキャプチャーカード「MTVX2006Mobile」を発表、6月9日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は1万9800円前後(税込み)。

 MTVX2006Mobileは、CardBus接続に対応するTVキャプチャーユニットで、ハードウェアMPEG-2録画に対応。対応ビットレートは2〜15Mbpsで、0.1Mbps単位での調節が可能となっている。

 付属品として、伸縮式の屋外ロッドアンテナが同梱されており、アウトドアでも鮮明なTV視聴を行なえる。高画質化機能としては、3次元Y/C分離回路、3次元ノイズリダクション、タイムベースコレクタを装備する。

 TV録画/視聴ソフトとしては、同社製の最新TV視聴ソフト「FEATHER2006」をバンドル。対応機器を複数用意することによる多チャンネル同時録画にも対応する。

 本体サイズは120(幅)×54(奥行き)×10(高さ)ミリ、重量は46グラム(付属品含まず)。対応OSはWindows XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう