ニュース
» 2006年05月20日 09時56分 公開

“冷た〜い”商品揃っています――アキバPCパーツショップが夏モードに突入週末アキバPickUP!(2/4 ページ)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「POSEIDON」最大の水冷キットが登場。水冷式のグラフィックスカードも

 今週も水冷関連アイテムが続々と登場し、アキバ各ショップの店頭はますます夏らしくなってきた。木曜日には3Rシステムの水冷キット「POSEIDON WCL-04」が登場。価格は2万4000円前後で、在庫は潤沢だ。

3Rシステム「POSEIDON WCL-04」

 POSEIDON WCL-04は、ラジエーター兼ポンプをPCケースの外側に置くタイプの水冷キットで、筐体サイズは(幅)200×(奥行き)485×(高さ)70ミリ。CPUブロックを1基備えており、アタッチメントを付け替えてLGA775やSocket 478/754/939/940で利用できる。組み込み済みで出荷しており、導入時に水漏れが起きる可能性は低い。

 最大の特徴は冷却性能が600ワットと高いところだ。PC組込型でシリーズ最上位のモデル「POSEIDON WCL-02Cu」が230ワットであることを考えると、格段に高い冷却性能が期待できる。なお、動作音の公称値は26デシベルとなっている。

 すでに数台を販売したショップもあり、出だしの売れ行きはまずまずの様子。PCパーツショップ・CUSTOMは「梅雨前にこれだけ売れているので、夏が来れば大ヒットする可能性は高いですね。POSEIDONといえばビギナー向きというイメージがありましたが、WCL-04ならオーバークロック志向のユーザーの人気も得られると思います」と声を弾ませる。

製品3Rシステム「POSEIDON WCL-04」
入荷ショップ
PCパーツショップ・CUSTOM2万3800円
クレバリー1号店2万4144円
高速電脳2万4800円
T-ZONE.PC DIY SHOP2万4800円

 また、水曜日にはSAPPHIREの水冷型グラフィックスカード「TOXIC X1900 XTX」が複数ショップの店頭を飾った。価格は9万〜10万円で、在庫は少数。

SAPPHIRE「TOXIC X1900 XTX」

 TOXIC X1900 XTXはRADEON X1900 XTXを搭載するPCI Express x16タイプのカードで、GPUの冷却に水冷システムを採用している。ラジエーター兼ポンプは拡張カードと分離しており、任意のブラケットを選んで固定できる。PCI-Express x16スロットの周囲に余裕がないマザーボードでも、空きを見つけて搭載できるのが特徴だ。

 TOXIC X1900 XTXを入荷したT-ZONE.PC DIY SHOPは「店頭に花を添える縁起物として1台入荷しました。良い製品なのは確かですが、高価なのですぐに売れるとは考えていません」と、話す。

 ほかのショップでも売れたという話は聞かなかったが、ユーザーの注目度は高いとのこと。夏本番までのブレイクに期待しているようだった。

製品SAPPHIRE「TOXIC X1900 XTX」
入荷ショップ
クレバリー1号店8万9223円
高速電脳9万4800円
T-ZONE.PC DIY SHOP9万9800円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう