ニュース
» 2006年06月06日 14時38分 公開

やっぱり最初は笑顔でしょう──COMPUTEX TAIPEI 2006スタート!COMPUTEX TAIPEI 2006(2/2 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       
昨年はクールに決めていたOEM向けマザーボードベンダー「i.BASE」はカラフルなハワイアンでうーんかわいいのぅ
PCパーツベンダーが集まるHall 2で確認されたマザーボードベンダー「ECS」。ただし、今年のECSはHallにブースを設けず、隣接するホテルにプライベートブースを用意した

メモリベンダの「CORSAIR」は文字通り海賊スタイルでキメている
COMPROはキャプチャーカードベンダー。日本以外で普及しているデジタル放送方式「DVB-T」対応の製品を出荷している

エナメルブラックで固めたPROTECのスタッフ。PROTECはUSBメモリ、CFカード、SDメモリカードなどのシリコンストレージを扱うベンダーだ

BenQ娘はコーポレートカラー「紫」のツートンカラーでそろえていた。ここでは元気のよかった「白紫」バージョンを紹介

 例年、初日の午前中は来場者も少なく、この手の写真が取りやすかったりするのだが、今年はなぜか最初から「わさわさ」ととにかく人が多いっ。そのざわめきのせいでブースのスタッフと話をするときはお互い大声を出さなければならず、会場内の温度も異様に高くてひと回りするだけでどっぷりと汗をかく。

 初日の朝から「最終日」のようなハイペースで盛り上がるCOMPUTEX TAIPEI 2006。おっと、忘れちゃいけない。もちろんPC関連「イタモノ」ネタも“急いで”紹介する予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう