ニュース
» 2006年06月09日 20時06分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2006:「HD PureVideo」と「HDMI対応RS600」に注目のNVIDIAとATI (1/2)

ともにGPUベンダーとして名をはせた両雄。しかし、今年はチップセットが主役。で、この「横浜」も気になってしょうがない。

[長浜和也,ITmedia]

 NVIDIAとATIはともにHall 1の公式ブース以外に隣接するホテルの一室にプライベートルームを設けている。ここでは、GPUベンダーとしてだけでなく、マザーボードチップセットベンダーとしても“両雄”となりつつある両社をプライベートルームの展示を中心に紹介しよう。

NVIDIA

 NVIDIAのプライベートルームでは、インテルやAMDのブースと同様に、nForce 500シリーズをはじめとした各社のNVIDIA製最新チップセット搭載マザーボードがブースの壁一面に展示されていた。

数多く展示されていたマザーの中で注目を集めていたのが、最新のnForce 590 をはじめとする「Intel Editon」製品だ。写真左はnForce 590 SLI Intel Editonを搭載したNVIDIAのリファレンスボード。もちろん、写真右のASUS「M2N4-SLI」のようにSocket AM2を搭載したマザーボードも多数集結していた

nForce 570 SLI Intel Editionを搭載したJetway「775GT2」(写真左)は3本のグラフィックスカード用PCI Expressスロットが特徴。昨年展示されていた同種マザーではX16が1つとX8が2つに使い分けするようになっていた。写真右はCOMPUTEX TAIPEI 2006の開催にあわせて発表されたワークステーション向けチップセット「nForce Professional 3600」を搭載したSupermicro「H8DMR-80」

 NVIDIAといえばGPUである。1つのパッケージ(2段重ねの1枚カードといえなくはないが)で2つのGPUを搭載するGeForce 7950 GX2の製品展示やGeForce 7950 GX2を2枚組み込んだ「インテル」「AMD」各プラットフォームのQuad SLI対応ゲームPCのデモが行われていたが、チップセットに比べると意外と地味な印象だ。「Quad SLI対応のForcewareはSIに限って配布する」とはNVIDIAの変わらぬ方針ではあるものの、すでに報じたようにグラフィックスカードベンダーの間では「7月あたりに動きがありそう」という予測が一般的となっている。

プライベートブースに展示されていたLeadtek、ギガバイト、MSI各社のGeForce 7950 GX2搭載カード。イラストは異なるものの基本的にリファレンス。Quad SLI構成のゲームマシンは「AMD」「インテル」対応マシンが用意されていた

 COMPUTEX TAIPEI 2006にあわせてNVIDIAはいろいろなリリースを出しているが、そのなかで重要なのがシェーダモデル3.0に対応した「GoForce」を利用するWindows Mobile 5.0プラットフォーム用リファレンス・デザインと「PureVideo HD」の発表だろう。プライベートブースではGoForceの評価キットとあわせて、 PureVideo HDをサポートするGeForce Go 7600搭載ノートPCの展示も行われていた。

Windows Mobile 5.0のリファレンスデザインのデモは公式ブースでも行われていた。シェーダモデル3.0をサポートしたGoForceを使うことでハンドヘルドデバイス向け3Dゲームの開発が容易になることも見逃せない。PureVideo HDのデモはHD-DVDドライブを搭載する東芝「Qosmio G30」とエイサー「Aspire 9110」で行われていた

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう