ニュース
» 2006年06月19日 16時28分 公開

東芝、ぱらちゃんUSBメモリを単体発売

東芝は、同社マスコット「ぱらちゃん」を模したUSBメモリを発売する。ノートPC「dynabook CX/855LS」に同梱されていたものと同様の製品で、携帯音楽プレーヤーとしても利用できる。

[ITmedia]
photo 音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリ(左)。本体底部(右)に液晶パネルを装備している

 東芝は6月19日、人気マスコット「ぱらちゃん」を模したUSBメモリ「音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリ(IPCZ100A)」の単品発売を発表、直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」にて発売を開始した。価格は1万2800円(税込み)。

 音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリは、同社製ノートPC「dynabook CX/855LS」に限定付属されていたキャラクターUSBメモリで、同社製アクセサリーソフトの人気キャラクター「ぱらちゃん」をモチーフにしたデザイン筐体を採用。尻尾がキャップになっており、取り外すとUSB端子が露出する。USB1.1/2.0接続に対応、容量は512Mバイト。

 単体で携帯音楽再生プレーヤーとしても機能し、WMA/MP3ファイルの再生に対応(DRMは非対応)。バッテリーはUSBバスパワーによる充電式で、再生時間は約10時間となっている。

 本体サイズは50(幅)×76(奥行き)×30(高さ)ミリ、重量は約40グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう