ニュース
» 2006年07月10日 12時47分 公開

アナログ録音や各種フォーマット変換にも対応するサウンド編集ソフト「Sound it ! 5.0」

インターネットは、同社製サウンド編集ソフト「Sound it !」シリーズの最新版「Sound it ! 5.0 for Windows」を発売する。価格は1万290円。

[ITmedia]
photo Sound it ! 5.0 for Windows

 インターネットは7月10日、同社製サウンド編集ソフト「Sound it !」シリーズの最新版「Sound it ! 5.0 for Windows」を発表、7月28日より発売する。価格は1万290円(税込み)。

 Sound it ! 5.0 for Windowsは、サウンドの録音/編集/加工およびフォーマット変換に対応する多機能サウンド編集ソフトで、新たにATRAC3/AAC/G.726 ADPCM、3GPなど、SONY WALKMAN/Apple iPodおよび各種携帯電話で用いられる各種ファイルフォーマットへのコンバートに対応。CDDBによるタイトル情報を取得してのCDリッピングや、複数のファイルを一度に処理する一括処理機能なども装備した。

 アナログ音源の録音機能も装備、独自フォーマット保存時には最大で20Gバイトまでの長時録音が可能となっている。利用可能フォーマットはWAV/AIFF/MP3/AAC/ATRAC/Ogg Vorbis/Next/Sun(.au/.snd)/PCM RAW Dat/WMAなど(著作権保護ファイルは未サポート)。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう