連載
» 2006年07月21日 06時00分 公開

元麻布春男のWatchTower「Windows Vista編」:第5回 Windows Vistaのアップグレードポリシーを考える (1/2)

PCウオッチャーの元麻布春男氏が、さまざまな切り口で最新PC事情を分析する本連載。今回はWindows Vistaのアップグレードポリシーをチェックする。

[元麻布春男,ITmedia]

Vistaのアップグレードポリシーが正式に公開

アップグレードポリシーが公開されたVistaのホームページ(米国)

 これまで、本連載ではWindows Vista β2を用いて、きたるべきWindows Vistaについて探ってきたが、現在は新しいビルド(5472.5と呼ばれる)の入手待ちというところ。このビルドはβ2と異なり、すべての希望者(カスタマープレビュー参加者を含む)に配布されるものではないが、以前のCTP(Community Technology Preview)ほど限定的なものではないという。外部の開発者が、デバイスドライバやアプリケーションの作成をより進んだビルドで実施するためのEDW(External Developer Workstation)とでも呼ばれるべきものらしい。

 とは言っても、本稿執筆時点においてまだこの新ビルドは入手できていない。しかし、その代わり新しい情報が公開された。それは、Windows Vistaのアップグレードポリシーについてである。

32ビットから64ビットへアップグレード可能なWindowsは提供されない

 WinHECの展示会などで、機会を見てはVistaがどのようなアップグレードポリシーになるのか探りを入れていた筆者だが、ハッキリしていたのは、32ビット版から64ビット版へのアップグレードは、Windows VistaでもVista以降の将来のバージョンにおいても行われない、ということだ。

 たとえばAthlon 64やPentium 4など、64ビット拡張機能を備えたCPUを搭載するシステムであっても、市販されるPCの大半は32ビット版のWindows XPをプリインストールして出荷されている。これはデバイスドライバの整備状況、アプリケーションの対応などを考えれば、半ば当然の措置だと考えられる。サーバはともかく、クライアントPCにおいて、64ビット化のメリットを直接得られるのは32ビット版OSでは扱えない広大なアドレス空間を必要とするアプリケーションに限られるからだ(通常、このようなアプリケーションソフトは極めて高価でもある)。

 しかし、世の中は少しづつ変わっていく。ムーアの法則によりDRAMの容量は増加し、ビット単価は低下を続ける。今やPCに1Gバイト〜2Gバイト程度のメモリを搭載している人は珍しくない。少ないモジュールで大容量メモリが搭載可能になろうとしているのに、OSがボトルネックとなって大容量メモリを活用する機会が与えられないというのは不毛だ(ユーザーの意志として32ビットがよい、というのならば構わないが)。

 また、1つのアプリケーションで大容量メモリを必要としなくても、複数アプリケーションの利用が大容量メモリを必要とする可能性もある。とくに、今まさに脚光を浴びようとしている仮想化技術は、仮想マシンごとにほぼ1台のPC分のメモリがなければ、高い性能は期待できない。Windows Vista EnterpriseおよびWindows Vista Ultimateには、仮想マシンでの利用を前提として、同時に4インスタンスのOSを利用可能なライセンスがついてくる(当初は仮想化ソフトウェアが付属する予定だったが、仮想化ソフトウェアの無償化に伴い、OSライセンスの提供に変更された)。4インスタンスのOSを同時に動かし、それなりの性能を引き出そうと思えば、それにふさわしいメモリ搭載量が必要になる。

 つまり、現在は64ビット対応のハードウェアであっても、ソフトウェアの制約により32ビット環境で利用されていることが多い。とは言っても、Windows Vistaの時代には、クライアントPCにおいても大量のメモリをサポート可能な64ビット環境が普及する可能性がある。しかし、32ビット環境から64ビット環境へのアップグレードインストール(32ビット環境の設定やファイル、アプリケーションインストールをそのまま引き継いで64ビット環境へ移行すること)はできない、というのがMicrosoftの回答であった。

 もちろん、これにはやむを得ない面がある。32ビット版OSと64ビット版OSではデバイスドライバ間に互換性がないため、アップグレードインストールを行うと、それまで動いていたシステムが動かなくなってしまう可能性が高まる。これはVistaの問題だけでなく、CPUのマイクロアーキテクチャにかかわる問題だから、将来のOSにおいても変わることはない。だから、将来的にも32ビット環境から64ビット環境へアップグレードインストールが可能なOSは提供されない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう