ニュース
» 2006年07月22日 07時09分 公開

週末アキバPickUP!:100メートル歩くとCPUが1万円安くなる (4/4)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

メンテナンスフリーの隠れ水冷クーラー「Waturbo」

 今週の火曜日に複数のショップでSUNONのCPUクーラー「Waturbo」が並んだ。価格は9000円前後で在庫は潤沢。

 WaturboはSocket AM2、939、LGA775に対応するCPUクーラーだ。まもなく登場するCore 2 Duoにも利用できる。銅のベースとアルミフィンを組み合わせたクーラーに冷却液を閉じこめており、上面にある9センチファンの回転を利用して内部を循環させる仕組み。冷却液によって効率的にCPUの熱を吸収できるのが特徴だ。

 ポンプやラジエーターを搭載しておらず、その外観は一見普通のCPUクーラーにしか見えない。T-ZONE.PC DIY SHOPは「水冷キットで面倒な冷却液の注入も、Waturboには一切不要です。水冷であることを知らずに使っても全然問題ありません」と嬉しそうに話す。

 きわだった売れ行きは確認できていないが、クレバリー1号店は「Waturboがどうしてよく冷えるのか、その秘密を知れば非常に魅力的な製品だと分かるでしょう。水冷でありながらあまりおおっぴらでないところも、逆にマニア心をくすぐるはず」と、今後の伸びに期待する。これはいいものだ……。

今週の火曜日に登場したSUNON「Waturbo」(写真=左)。TSUKUMO eX.のデモ機は、水流を見やすくするため、内部に空気を残して透明パネルの窓を付けていた(写真=右)
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう