“日本ダウザー協会監修”のダウジング用USBメモリ

» 2006年08月04日 15時11分 公開
[ITmedia]
photo ペンデュラムUSBメモリー

 ソリッドアライアンスは8月4日、“ダウジング向け”のUSBメモリ「ペンデュラムUSBメモリー」を発表、発売を開始した。価格は9800円(税込み)。

 “ペンデュラム(振り子)”とは、ダウジングを行なう際に用いる道具の1つで、空洞になった振り子の中身に探索する対象のサンプルを入れることで、ダウジングの同調率を高めることが可能となる(らしい)。

photo チェーンに下げた状態。USBメモリとしては小ぶりだが、ダウジングチェーンとしてはちょいと大きいような気も

 本製品は、振り子の中身にUSBメモリを組み込んだ製品で、デジタル情報で“サンプル”データをメモリ内に格納してダウジングを行なう。メモリ容量は256Mバイト、本体サイズは20(幅)×67(奥行き)×20(高さ)ミリ(チェーン部除く)、重量は51グラム。USBメモリ内には、ダウジングの原理や歴史、練習法などが収録されたPDFドキュメントが添付されている。

 なお本製品は、日本ダウザー協会会長の堤裕司氏監修となる製品で、同氏曰く「USBメモリーを採用することでデジタル時代に対応した振り子として、新たな用途に様々な活用が出来ると期待出来る」としている。

 ちなみに、日本ダウザー協会の公式サイトは、2006年8月現在では休止状態の模様。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  8. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  9. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  10. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー