ニュース
» 2006年08月17日 12時51分 公開

日本HP、バッテリー回収の可能性を公式に否定

日本ヒューレット・パッカードは、同社製ノートPCにリコール対象となるバッテリーパックは搭載されていないと発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードはこのほど、同社製ノートPCに回収対象となるバッテリーパックが搭載されていないことを発表した。

 今回のコメントは、ソニー製セルを使用した一部のバッテリーで確認されている、ノートPC向けバッテリーに発火の恐れがあるとする問題を受けて出されたもの。日本ヒューレット・パッカードはこの問題について「回収対象のバッテリパックは搭載していません」との公式見解を発表し、同社製ノートPCへの影響や、バッテリーパック回収の可能性を否定した。

 同社広報によると、この問題についてはすでにソニー側と話し合いを行い、同社のバッテリーに問題がないことを確認したという。

 なお、同社は2006年4月に「HP Compaq nx4800 Notebook PC」および国内未発売のモデルに付属するバッテリーパックの一部において、過熱、変形、発火などの現象が発生する可能性があることが判明し、該当バッテリーパックの全品回収と無償交換で対応した経緯があるが、今回の件とは無関係としている。なお、同バッテリーに採用されているセルの供給元については回答を得られなかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう